ニュース

認可取引所の「Zaif」不正出金を報告

認可を受けている仮想通貨取引所のZaifを運営するテックビューロは1月6~7日にかけて不正な出金等が発生したと報告した。

内容としてはZaifが公表しているAPIをつかった不正だ。昨年複数の取引所がAPIを使用しているユーザーの一部使用禁止をしたが、それはサーバー負担に対する対策であった。今回はこのAPIが不正利用されたということで、再発防止のために今後も調査を続けるとのことだ。

また同社では、不正使用されたAPIキーの出金権限を削除という対応をした。犯人特定が出来るかどうかは業界全体に関わることであるから注目が集まている。

関連記事

  1. 勢力を確実に広めていくNEM

  2. 1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

  3. サムスンが物流にブロックチェーン技術導入予定

  4. SWELLの開催日迫る[SWELLとは?開催日は?]

  5. ソニーはブロックチェーンで特許

  6. ICOだけじゃない!400種以上もの詐欺コイン

PAGE TOP

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ

ニュース

1週間(9/18~9/24)のニュースまとめ

ニュース

Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

ニュース

ICOへの規制どうなるか[SEC、ICO強化へ動く?]

ニュース

デジタル遺品、相続できる準備整ってますか[終活のデジタル化]

ニュース

日本円を担保にしたステーブルコイン発行へ