ニュース

認可取引所の「Zaif」不正出金を報告

認可を受けている仮想通貨取引所のZaifを運営するテックビューロは1月6~7日にかけて不正な出金等が発生したと報告した。

内容としてはZaifが公表しているAPIをつかった不正だ。昨年複数の取引所がAPIを使用しているユーザーの一部使用禁止をしたが、それはサーバー負担に対する対策であった。今回はこのAPIが不正利用されたということで、再発防止のために今後も調査を続けるとのことだ。

また同社では、不正使用されたAPIキーの出金権限を削除という対応をした。犯人特定が出来るかどうかは業界全体に関わることであるから注目が集まている。

関連記事

  1. 金融庁、監視強化

  2. SEC仮想通貨業界全調査へ

  3. 日本初の暗号通貨ファンドがICONと提携

  4. VISAの元CEO、ブロックチェーン企業CEO就任

  5. 中国シンクタンク、中央銀行は仮想通貨の導入を検討すべきと提言

  6. インド中銀、独自通貨導入検討しながら取引禁止

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの