ニュース

北朝鮮ウイルス使い仮想通貨を不正入手

北朝鮮がPCや家電にウィルスを仕込み不正に仮想通貨を得ているようだ。

以前もコインの森でも北朝鮮が仮想通貨業界に目を付けている事や資金源にしているという事を報道してきたが、やはり北朝鮮はウィルスをつかって不正入手しているようだ。米情報セキュリティー会社「エイリアンボルト」の報告によると人気仮想通貨のひとつである「Monero(モネロ)」のマイニングソフトを不正にインストールさせ、マイニングで発生したコインを北朝鮮の平壌にある大学のサーバーに自動で送る仕組みのソフトが発見されたようだ。

このようなことが仮想通貨業界の発展を妨げ、リスクイメージの拡大を助長する。相当の懲罰が必須だ。

⇒ 北朝鮮ハッカーがBTC盗難

関連記事

  1. ホワイトリストの直近騰落状況

  2. クラーケン再開、ユーザー不満も対策で手数料無料

  3. リップル社がファンドへ26.5億円分のXRP投資

  4. 昨日(11/2)のニュースまとめ

  5. ICE,Microsoft,Starbucks等でプラットフォーム設立…

  6. アメリカ、クラウドマイニングは「未登録証券」扱い!?

PAGE TOP

ニュース

安全にインターネット利用するために

ニュース

昨日(12/18)のニュースまとめ

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ