ニュース

韓国政府、国内の6つの銀行を検査

韓国の仮想通貨に関する規制が徐々に進んでいる。韓国の金融監督委員会(FSC)と金融監督院(FSS)は合同で国内で「仮想通貨の口座」を提供している銀行6行の検査に踏み切った。

仮想通貨の危惧される「マネーロンダリング」や「犯罪資金」などの調査が目的とみられる。

対象となった銀行は、NH(農協)銀行・中小企業銀行・新韓銀行・国民銀行・ウリィ銀行、韓国産業銀行だ。

⇒ 韓国国民に広がる「仮想通貨投資」

⇒ 韓国で新しい規制

関連記事

  1. 仮想通貨Stellar、創設者JedとRippleLabsとの法廷闘争…

  2. ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

  3. OKコインが取引手数料の変更をキャンセル、コインデスクが報じる

  4. 銀行法改正で、アプリ送金が主流に

  5. バークレイズで暗号通貨のトレーディングデスク検討

  6. ブロックチェーン・スマホ製造開始初販は10月予定

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ