ニュース

韓国政府、国内の6つの銀行を検査

韓国の仮想通貨に関する規制が徐々に進んでいる。韓国の金融監督委員会(FSC)と金融監督院(FSS)は合同で国内で「仮想通貨の口座」を提供している銀行6行の検査に踏み切った。

仮想通貨の危惧される「マネーロンダリング」や「犯罪資金」などの調査が目的とみられる。

対象となった銀行は、NH(農協)銀行・中小企業銀行・新韓銀行・国民銀行・ウリィ銀行、韓国産業銀行だ。

⇒ 韓国国民に広がる「仮想通貨投資」

⇒ 韓国で新しい規制

関連記事

  1. 「悟コイン」の来夢、4月に仮想通貨交換業を廃止へ

  2. 仮想通貨にいよいよイギリス政府動く

  3. 昨日(1/11)のニュースまとめ

  4. 韓国ICO禁止

  5. スマホ決済、競争激化[日本]

  6. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ