ニュース

Tetherの利用規約が変更

香港に本拠地を置き、アメリカに事務所を置くTether。Tetherの発行するトークンは米ドルで価値が固定されており、伝統的な通貨としての用途の使用が可能という他の仮想通貨とは違った性質を持っている。米ドルのデジタルマネーと称しても良いだろう。

そんなTetherが利用規約を変更した。どうやら大きく2つの方針転換をしているようだ。一つは住所などの身分認証の行われていない者への発行禁止。これは先日アメリカ大手取引所も始めた措置だ。今後は匿名での仮想通貨保持が難しくなっていくわけだが、これは仕方のないことだろう。二つ目はアメリカ国籍保有者への発行制限だ。アメリカは急激に仮想通貨業界の法規制を厳しくしているという背景があるが、アメリカ国籍保有者のサービス提供を完全終了する方向にあるのかは不明だ。

⇒ 詳細はこちら

⇒ Tether詳細

関連記事

  1. 韓国政府、「通常の」仮想通貨取引を支持へ

  2. ニューヨーク州金融サービス局が不正を取り締まり!

  3. 韓国当局、仮想通貨取引を提供する銀行への検査を実施か

  4. トランプリスクがビットコインを押し上げる可能性

  5. 韓国大統領府「仮想通貨取引を禁止する予定無し」

  6. ICO投資の税務処理って?

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの

ニュース

ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

ニュース

仙台でNEMのミートアップ

ニュース

幻冬舎、暗号通貨関連のWebサイト開設

ニュース

マウントゴックス、民事再生決定

ニュース

登録済み取引所への行政処分

ニュース

DMM.BitcoinでBTC・ETHの出金手数料無料