ニュース

Tetherの利用規約が変更

香港に本拠地を置き、アメリカに事務所を置くTether。Tetherの発行するトークンは米ドルで価値が固定されており、伝統的な通貨としての用途の使用が可能という他の仮想通貨とは違った性質を持っている。米ドルのデジタルマネーと称しても良いだろう。

そんなTetherが利用規約を変更した。どうやら大きく2つの方針転換をしているようだ。一つは住所などの身分認証の行われていない者への発行禁止。これは先日アメリカ大手取引所も始めた措置だ。今後は匿名での仮想通貨保持が難しくなっていくわけだが、これは仕方のないことだろう。二つ目はアメリカ国籍保有者への発行制限だ。アメリカは急激に仮想通貨業界の法規制を厳しくしているという背景があるが、アメリカ国籍保有者のサービス提供を完全終了する方向にあるのかは不明だ。

⇒ 詳細はこちら

⇒ Tether詳細

関連記事

  1. IndieSquare、テックビューロと業務提携、「Zaif」公開へ

  2. ビットコイン、半減期に向け急騰

  3. ビットコインのハードフォーク、シルバート協定で合意される

  4. バブル現象か!? 名称変更で株価高騰

  5. 新たなマイニング大国はロシア?

  6. カナダでICOトークンが証券の定義に該当すると発表

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ