ニュース

Tetherの利用規約が変更

香港に本拠地を置き、アメリカに事務所を置くTether。Tetherの発行するトークンは米ドルで価値が固定されており、伝統的な通貨としての用途の使用が可能という他の仮想通貨とは違った性質を持っている。米ドルのデジタルマネーと称しても良いだろう。

そんなTetherが利用規約を変更した。どうやら大きく2つの方針転換をしているようだ。一つは住所などの身分認証の行われていない者への発行禁止。これは先日アメリカ大手取引所も始めた措置だ。今後は匿名での仮想通貨保持が難しくなっていくわけだが、これは仕方のないことだろう。二つ目はアメリカ国籍保有者への発行制限だ。アメリカは急激に仮想通貨業界の法規制を厳しくしているという背景があるが、アメリカ国籍保有者のサービス提供を完全終了する方向にあるのかは不明だ。

⇒ 詳細はこちら

⇒ Tether詳細

関連記事

  1. LINE、暗号通貨取引所設立

  2. ポルシェ ブロックチェーン技術導入へ

  3. ブロックチェーンで貴金属取引、プロトタイプが完成

  4. ビットフライヤー、約30億円の資金を調達

  5. ICOの成功率は48%、2017年のICO状況とは!?

  6. 機関投資家参入のための環境へ

PAGE TOP

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ