ニュース

Tetherの利用規約が変更

香港に本拠地を置き、アメリカに事務所を置くTether。Tetherの発行するトークンは米ドルで価値が固定されており、伝統的な通貨としての用途の使用が可能という他の仮想通貨とは違った性質を持っている。米ドルのデジタルマネーと称しても良いだろう。

そんなTetherが利用規約を変更した。どうやら大きく2つの方針転換をしているようだ。一つは住所などの身分認証の行われていない者への発行禁止。これは先日アメリカ大手取引所も始めた措置だ。今後は匿名での仮想通貨保持が難しくなっていくわけだが、これは仕方のないことだろう。二つ目はアメリカ国籍保有者への発行制限だ。アメリカは急激に仮想通貨業界の法規制を厳しくしているという背景があるが、アメリカ国籍保有者のサービス提供を完全終了する方向にあるのかは不明だ。

⇒ 詳細はこちら

⇒ Tether詳細

関連記事

  1. ビットフライヤー上場銘柄、インサイダー事件

  2. みずほ「Jコイン」実証実験開始

  3. イーサリアムクラシックが台頭

  4. 伝統的な投資のトークン化[証券取引所が暗号通貨取引アプリ配信]

  5. 暗号通貨BCH,5月15日にアップデート[取引速度の向上など]

  6. coincheck、トレーダー向けサービス提供

PAGE TOP

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

日本STO協会に新たに2社入会[みずほ証券とSMBC日興証券]

ニュース

コインの森トレード学習講座【トレードのシナリオを考える/ラインの重要性】

ニュース

三菱UFJ銀行、信用状の発行[ブロックチェーン]

ニュース

日本経済新聞と金融庁共催のブロックチェーン・カンファレンス

ニュース

SEC,IEOに関する注意喚起[ICO・IEOに関する法規制]

ニュース

ベネズエラ、独自通貨利用推進[独裁体制とダボス会議]

ニュース

昨日(1/20)のニュースまとめ