コラム

ICO上場後の売り抜け対策

ICOは仮想通貨業界の投資対象といて一番批判されている不透明なものです。もちろん真面目に運営している企業や団体もあります。しかし「規制」がそれを保護できていないのが実情です。さらに一部のモラルのないMLM集団や高額商材屋が好き勝手やっています。彼らは「上場さえすれば詐欺にならない」としてお金を払って取引所に載せてもらったりと無法地帯になっています。

そしてICO後に上場はしたものの、その価格は急転直下。上がるどころか売り抜けられてしまっているケースが非常に多いです。

一般社団法人の分散技術総合研究所は、ICOの上場時の売り抜けを制限する仕組みを作ったようです。またこの仕組みは2018年1月に公開され、無料で使用することが出来るようですので今後ICOやる企業は取り入れないという選択は無いですね。信用につながります。

 

関連記事

  1. 国政選挙

  2. 【速報】クローバーコイン、完全アウト!?

  3. ビットコインどうなん?

  4. Zaifの1億円キャンペーンが凄い

  5. Bitfinex と QUOINE がパートナー契約

  6. ビットコイン上抜け@短期売買

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの