コラム

ICO上場後の売り抜け対策

ICOは仮想通貨業界の投資対象といて一番批判されている不透明なものです。もちろん真面目に運営している企業や団体もあります。しかし「規制」がそれを保護できていないのが実情です。さらに一部のモラルのないMLM集団や高額商材屋が好き勝手やっています。彼らは「上場さえすれば詐欺にならない」としてお金を払って取引所に載せてもらったりと無法地帯になっています。

そしてICO後に上場はしたものの、その価格は急転直下。上がるどころか売り抜けられてしまっているケースが非常に多いです。

一般社団法人の分散技術総合研究所は、ICOの上場時の売り抜けを制限する仕組みを作ったようです。またこの仕組みは2018年1月に公開され、無料で使用することが出来るようですので今後ICOやる企業は取り入れないという選択は無いですね。信用につながります。

 

関連記事

  1. 仮想通貨のトレードの可能性について

  2. 暗号通貨投資でどれだけ増やしたい?@投票結果

  3. ICO 『 Enjin エンジン 』

  4. ETN上場から見る暗号通貨の今後

  5. サトシナカモトという人物

  6. 比較?? リップルってどーなん?

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ