コラム

2018年「コインの森」投資方針

改めまして、あけましておめでとうございます。2017年は一気に仮想通貨が盛り上がった年であり投資家としてもコインの森の管理人としても有意義であり、また勉強にもなりました。2018年の仮想通貨業界と投資方針について少しだけ書き、本年の挨拶とさせて頂きます。

◆ 各コインの価格の推移

これに関してはビットコインを含め2018年も全体的に上がると考えています。2017年は上昇の初動でありインパクトも大きかったですが、この上昇トレンドの本番は今年だと考えています。

ビットコイン ⇒ 送金の詰まりなどの問題点がありますが間違いなくビットコインはこの業界を切り開いた大事な存在です。また発行数が少なく1BTCを持てる人間というのはこの島国の人口より圧倒的に少ないわけですからその価値はまだ上がると思います。1000万円を超えても何らおかしくはないです。

XRP(リップル) ⇒ 送金に実際に使われていくのが2018年です。中央集権の強みを生かして今後も指示されていくでしょう。最終的には(3年以内)10万円近くまで行っても良いと思っています。

その他ですが、イーサリアムやリスクは過小評価されていると感じます。しかし堅調に上げていくのではと感じます。またDASHなどの匿名通貨、これらだけはどうなるかわかりません。用途がはっきりしているアルトコインでそのシェアを取っているようなものは期待できますね、しかしビットコインのような上昇を越えるものはさすがにないでしょう。しかし十分なリターンは見込めるかと思います。

また先物市場の活性化は価格に大きな影響を与えると思っています。ビットコインの価格上昇を良く思わない後発組のヘッジファンドの方針は一番気になるところです。

◆ 草コイン

草コインもVISIOをはじめ、少額で入れていますが、これは遊びのようなものですね。

◆ ICO

今年もICOがまだまだ出てくると思いますが、昨年ほどは入れる気はないです。スピンドルが最後でしたが出せる情報があれば極力出していきますが積極投資という感じではありません。

◆ マイニング

コインの森としても投資しているマイニング事業ですが、今年はマイニングにも力を入れます。コインの森がマイニングに投資する基準は「リターン」ではなく「国内で見えるマイニング」をモットーに活動します。現在も長野県の工場で稼働中です。また都内は目黒にも「見えるマイニング工場」を建設しています。

◆ コインの森

いろんなお話を貰っていますが、気力が続くまで頑張ります。笑

また今年はリアルな場にも顔を出します。まずは13日のマイニング説明会にフラッと行きますので来る方は是非挨拶させてください。

関連記事

  1. 暗号通貨トレードしてる?@投票結果

  2. 国政選挙

  3. 価格の最適化

  4. 今からでも遅くない‼仮想通貨の基礎‼ 其の壱

  5. 暗号通貨が危険なら、現金はどうなんだ

  6. 暗号通貨投資でどれだけ増やしたい?@投票結果

PAGE TOP

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]

ニュース

AUDを担保にしたステーブルコイン発行へ[ステーブルコインに注目集まる]

ニュース

中国第5回格付け発表、Binanceもコイン評価開始へ