コラム

GACKT参入のプロジェクト「スピンドル」

コインの森の管理人です。

ミュージシャンであり、正月では「芸能人格付けチェック」でお茶の間を沸かすGACKT。そのGACKTかブログでスピンドルについて言及しましたね。実は私はたまたまスピンドルの話を立ち上げ当初に貰っており、情報公開を制限されている時に少し投資しております。GACKT氏がメインメンバーにいる事も知っていましたが、それよりはヨーロッパの財閥の資金が入ってくる流れの説明を受けて投資する事にしました。

世間では、

・行政処分を受けた人が入っている
・日本法人が怪しい
・ホワイトペーパーかよくわからん
・なぜ情報公開を禁じてたのか

などという声を見ましたが、どれもその通りだなというところですね。匿名のSNSも賢い人はたくさんいますからね、普通の意見だと思います。ただどちらにせよ投資は自己責任ですから、他人は関係ないわけですね。

またスピンドルはヘッジファンドと個人を繋ぐということで、日本の一般の方にはすぐには浸透しないような内容ですしね。

私はたまたま初期に投資してたので、軽く計算しても10倍くらいにはなってます。

ただICOは上場後の価格維持をするには集めた資金の8割を取っておくべきと言われていますから、楽では無いですね。スピンドルもあくまで中期的なものと思ってます。

裏話としては、GACKTさんは広告塔にはならないはずでした。しかし強い想いが出てしまったんですね。

関連記事

  1. 仙台でNEMのミートアップ

  2. BTCによるチャリティプロジェクト、61億円寄付

  3. アルゼンチンの銀行がBTCでの国際送金開始

  4. インド、ベネズエラ政府のペトロ拒否

  5. WAVES再注目

  6. NEMが悪いわけではない ~コインチェック問題~

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ

ニュース

bitFlyer,当局に対して事実と異なる説明

ニュース

金融庁の目指すもの