ニュース

コインチェック和田社長、ボディーガードを付ける日々

日本の最大級の取引所コインチェックの若き和田社長はボディーガードをつけて生活していると暴露。

例えば日本の証券会社の代表くらいであればボディーガードまでつけている人は少ない。しかし最近は急激に値上がりした仮想通貨業界は人身的な犯罪が多い。誘拐や暴行などを行ってビットコインなどを奪い取ろうという事件も何件も起きている。世界的に視ても同じことがいえる。そのような背景を考えたら和田社長の判断は正しいだろう。

備えることが重要だ。

特にまだ資産保全されていない仮想通貨の取引所は、「マウントゴックス」の時にように何かあった後では遅い。

日本最大級の仮想通貨の取引所を運営する27歳の社長のリアルがそこにはあった。

 

関連記事

  1. IndieSquare、テックビューロと業務提携、「Zaif」公開へ

  2. ドバイでは不動産契約にブロックチェーンを

  3. ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

  4. 【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

  5. COMSA本日トークンセール

  6. 次世代銀行「smartBANK」

PAGE TOP