ニュース

なぜ?コインチェックが認可されない理由とは!!

日本は仮想通貨の取引業者に営業の認可を出している希少な国であり、よって仮想通貨先進国とも思われている。また認可業者が新たに追加され盛り上がりを見せている。新たに追加されたのは以下の5社だ。

株式会社東京ビットコイン取引所

株式会社ビットアルゴ取引所東京

エフ・ティ・ティ株式会社

株式会社Xtheta

株式会社BITOCEAN

これで合計16社となるが、今回もコインチェックは認可業者となることが出来なかった。それにははっきりとした理由がある。

27歳という若さでコインチェックを創業した和田氏率いるコインチェック。最近では有名タレントの出川さんを起用し話題になりました。しかしこのコインチェックは既に認可を受けている取引所の16社には入っていない。

その理由は、匿名通貨だ。

仮想通貨業界の懸念点は「安全性(ハッキング)」と「犯罪温床」だ。この犯罪の温床になる危険というのは「マネーロンダリング」や「テロ資金」「犯罪資金(暴力団含む)」のことを指すが、このような資金になるには足がつかないことが大事だ。となると、金融庁からするとZcashやDashのような匿名通貨は厄介者なのだ。

コインチェックも匿名通貨の取り扱いを辞めれば認可は一瞬だ。

日本最大級の仮想通貨取引業者と金融庁の押し問答の着地点はどこになるか。しかし金融庁は引けないだろう。

関連記事

  1. 仮想通貨の暴落をうけてネットでは自殺防止ホットライン

  2. テザー問題の影響に関する試算、最大27%ビットコインが下落

  3. みずほFG、みずほ銀行、メタップス、WiLで新会社立ち上げか

  4. エチオピア、農業にブロックチェーン技術活用

  5. スウェーデンでビットコイン投資が本格化

  6. グーグルのダブルクリック広告サービスで不正マイニング

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]