ニュース

インドネシア、ビットコイン禁止か

インドネシアの中央銀行は、2018年からのビットコイン取引を禁止する新たな規制を検討中であることを明らかにした

インドネシアは人口も多くスマホ普及率も高いので成長期待が高まっている。以前コインの森のコラムでも取り上げている。

⇒ 圧倒的な可能性のあるインドネシア

しかし、インドネシアではビットコインの規制が進んでしまったようだ。その理由としてはやはりマネーロンダリングや犯罪原資流入(特に麻薬密売)を懸念している。今現在はビットコインを取引につかいことに関する規制は無いが今後規制をしていく方向で進んでいるようだ。またビットコインを使った取引には異才の責任を負わないと中央銀行も警告している。

関連記事

  1. ビットフライヤーがアメリカへ展開か?

  2. ブロックチェーン裁判所で効率化[ドバイ]

  3. 犯罪利用が多い現金

  4. コロンビア、暗号通貨・ブロックチェーンの成長促進狙う

  5. ステーブルコインの取引量急増

  6. G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]