ニュース

ビットコインでチャリティー、100万ドル相当

ビットコインの価格高騰で大きな金額を儲かった人も多いだろう。特に初期段階でビットコイン投資をしていた人の利益は膨大であり、そのような層によって匿名でチャリティーファンドがいくつか設立されていた。とくにアメリカなどでは「寄付」という概念も強く根付いているため、チャリティーへの関心は日本以上に強い。

2017年12月に設立されたビットコイン建てのチャリティーファンドの「パイナップル基金」は8600万ドル相当のビットコインを様々な非営利団体に寄付することを目的として活動しているが今回はアメリカのNPO「インターネットアーカイブ」に対して100万ドルを寄付したようだ。

今後もアルトコインなどで多くの利益を上げるような層が出てくると思われる。寄付やチャリティーは義務ではないがこのような活動があることは知っておきたい。

関連記事

  1. アメリカの風俗店でビットコイン決済検討か

  2. Tether のUSDT が怪しいと話題でビットコインが危ない?

  3. イスラエルで仮想通貨課税

  4. ついにLINEもブロックチェーン技術・暗号通貨導入か

  5. XRPが世界的な送金事業者に使用される

  6. 東京大学大学院の実証実験にブロックチェーンが利用される

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

ブロックチェーンを利用した小切手開発

ニュース

日本発の暗号通貨ウォレットGinco

ニュース

LINE、Dapps制作に向け動き出す

ニュース

金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

ニュース

中国、規制体制変わらず

ニュース

暗号通貨に対する国内法の解説演説