ニュース

ビットコインでチャリティー、100万ドル相当

ビットコインの価格高騰で大きな金額を儲かった人も多いだろう。特に初期段階でビットコイン投資をしていた人の利益は膨大であり、そのような層によって匿名でチャリティーファンドがいくつか設立されていた。とくにアメリカなどでは「寄付」という概念も強く根付いているため、チャリティーへの関心は日本以上に強い。

2017年12月に設立されたビットコイン建てのチャリティーファンドの「パイナップル基金」は8600万ドル相当のビットコインを様々な非営利団体に寄付することを目的として活動しているが今回はアメリカのNPO「インターネットアーカイブ」に対して100万ドルを寄付したようだ。

今後もアルトコインなどで多くの利益を上げるような層が出てくると思われる。寄付やチャリティーは義務ではないがこのような活動があることは知っておきたい。

関連記事

  1. 中国政府、ブロックチェーン技術の標準規格作成を検討か

  2. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  3. 中国現在の規制状況

  4. 分裂騒動の対応

  5. イーサリアムクラッシック大幅高、コインベースに上場

  6. HitBTCが金融庁の意向に従い、日本でのサービス停止

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]