ニュース

テックビューロ社、仮想通貨で給与上乗せ30%UP

日本の認可取引所のZaif、ホワイトペーパーなどで多くの問題を起こした日本最大級ICOのCOMSA、これらを指揮するテックビューロ社(大阪市)は業績好調とし給与の3割相当をビットコインなどの仮想通貨で上乗せ支給するようだ。

グループすべての役員と従業員が対象のようだ。

仮想通貨業界はまだまだ不安定ではあるが、ICOでも相当数の金額を集め、さらに取引所運営の手数料商売も好調である証拠だ。これに関して不満のあるユーザーもいるだろうが取引所の経営が不振である方が危険なことであるがゆえにポジティブに捉えてほしい。Zaifはサーバーが弱いで有名な取引所だがそのあたりは今後に期待しよう。

また仮想通貨業界は良い人材確保も重要になってくる。このような特別支給を魅力に感じ良い人材が集まればそれは相乗効果が生まれるだろう。

関連記事

  1. オマーン銀行、リップルネット加盟

  2. 「暗号通貨の未来を信じる人がいるなら適正に扱うべき」

  3. ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

  4. 台湾「BTC取引には反資金洗浄法で規制が必要」

  5. カナダ初 コミュニティのための独自暗号通貨

  6. マスターカード、匿名取引システム特許

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行