ニュース

テックビューロ社、仮想通貨で給与上乗せ30%UP

日本の認可取引所のZaif、ホワイトペーパーなどで多くの問題を起こした日本最大級ICOのCOMSA、これらを指揮するテックビューロ社(大阪市)は業績好調とし給与の3割相当をビットコインなどの仮想通貨で上乗せ支給するようだ。

グループすべての役員と従業員が対象のようだ。

仮想通貨業界はまだまだ不安定ではあるが、ICOでも相当数の金額を集め、さらに取引所運営の手数料商売も好調である証拠だ。これに関して不満のあるユーザーもいるだろうが取引所の経営が不振である方が危険なことであるがゆえにポジティブに捉えてほしい。Zaifはサーバーが弱いで有名な取引所だがそのあたりは今後に期待しよう。

また仮想通貨業界は良い人材確保も重要になってくる。このような特別支給を魅力に感じ良い人材が集まればそれは相乗効果が生まれるだろう。

関連記事

  1. Bitmain、マシン購入にKYC導入

  2. Ripple LAbs、TechnologyPioneerとして表彰さ…

  3. 昨日(11/7)のニュースまとめ

  4. 制裁受け、暗号通貨への関心高まる[イラン]

  5. 1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事

  6. 投資会社ブラックロックは仮想通貨に肯定的

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]