ニュース

橋下徹氏、「今ビットコイン買いに行ってる人はド阿呆」

弁護士の橋下徹氏と2チャンネルの創設者ひろゆき氏がネット番組で対談した。そこでは橋下徹氏は「今、ビットコインを買いに行っている人はド阿呆」などと発言した。

橋下氏の発言は以下だ。

「円は日本経済が裏付けにあって信用されている。日本経済がどんどん収縮してボロボロになるとわかったら通用しなくなる。ビットコインにはそれがない。今は投機の対象になって、値段が上がるだろうということで取引されたり商品の決済で使えたりするけど、裏付けは円やドルに換えられるという前提があるから」

「今、価格が上がってるからって買いに行ってる人は”どアホ”やね。1000人くらいの人がビットコインの多くを保有しているといわれていて、あとの何十万人かはほんのちょびっとを価格が上がるからって買いに行ってるけど、結局その1000人に全部食われるから。ルパン三世が『カリオストロの城』で一生懸命お札作ろうとするでしょ?(笑)。ああいう風に、最初の方にマイニングした人間がボロ儲けして、後から入ってきた奴は大損するんだから。やるなら勝ち組の方に入らないと。生み出す側に付いたら勝ちだけど、普通の人は手をつけるような話じゃないと思う」(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

裏付けがないというのは多くに人もわかっている。しかしそこにお金が集まってしまった背景には「何が」ありそこには「どんな問題提起」があったのかを元政治家として話してほしかったところだ。ただのビットコイン批判で客寄せパンダになっただけでは何の意味もない。

つまらないコメンテーターにだけは成り下がってほしくないものだ。

関連記事

  1. あなたのPCは大丈夫?勝手にマイニングを行うマルウェア

  2. 国内取引所のミスターリップルが生まれ変わる

  3. バミューダ政府がブロックチェーンのチームを編成

  4. ヨーロッパ以外でビットコインデビットカードのサービスを停止

  5. フランスの航空会社がブロックチェーン検査

  6. ブロックチェーン使用の認証技術企業、150万ドルを調達

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP