ニュース

ビットコインで市民権購入可能に!?

南太平洋に位置する国で、1,300 km にわたって連なる約 80 島の島々で構成されている国、バヌアツ共和国

このバヌアツではビットコインで市民権の購入が出来るようだ。金額にして約30万ドルに相当するビットコインを支払えば同国のパスポートまで取得可能だという。同国は所謂タックヘイブンに近く所得税などは存在しない。パナマ文書などでも有名になったが、税のない国へ行く日本人実業家も多い。

ビットコインで億り人となった日本人も日本を捨て海外に行く人も多く出てきそうだ。

関連記事

  1. 家計簿アプリのマネーフォワード、暗号通貨市場参入

  2. 仮想通貨取引バイナンスが金融庁から警告を受ける

  3. イタリアの経済・財務相が仮想通貨批判

  4. インドでCBDCの発行検討を正式発表

  5. ケニアの農民が行ったこととは…

  6. ブロックチェーン技術のため、ソニーがIBMと提携

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]