ニュース

仮想通貨取引所も信託保全へ

仮想通貨の取引所はまだ認可が下りたばかりであり、業界もまだまだ手探りな状況であるが、国内の認可FXブローカー(取引所)と大きな違いが信託保全されているか否かだ。

今現在の仮想通貨の取引所は利用者の通貨の保全がされていない。

もし取引所が破たんしたら、お金や通貨を預けていたユーザーも同様に資産を失うことになる。他の金融商品も取り扱い業者のほとんどが金融庁の規則の一環として保全措置が行われている。しかし仮想通貨の取引所はまだだ。今後、金融庁も仮想通貨が信託の対象という判断をした場合には信託銀行によってサービスが開始されていく事になる。

特に三菱UFJ信託銀行は金融庁の判断があれば来春にもサービス開始が可能な準備をしているようだ。

しかし裏返してしまえば、それまでは保全の無い状況で取引しなければならないという事。当然口座開設時にはそのあたりのリスクの記載はあるが全てを目を通す人も少ないだろう。自己責任の元投資を行う必要があるので注意してほしい。

関連記事

  1. 東大、ソラミツ等との共同で地域通貨の実証研究を開始

  2. リミックスポイント、電力の新たな事業モデル構築[日本IBM支援]

  3. 暗号通貨トレーダー変死で発見

  4. タイでも規制強まる姿勢

  5. ブロックチェーンの証券貸借プラットフォーム

  6. オーストラリア、徴税強化

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]