ニュース

インドの中央銀行が警笛を鳴らす

事実上のインドの中央銀行であるインド準備銀行はビットコインについて再び警告した。

以前も警告を行っているが今回も重ねてビットコインについて警笛を鳴らした形となった。特に今回は一般ユーザーに対しての警告であり、保有者や短期のトレーダーに当てている。またインドでは仮想通貨関連企業に対して一切の”ライセンス”の発行を行ってないということを強調した。

最近ではビットコインの知名度が日本国内でも上がっており、またその価格が示すように一定の価値があると現在ではされている。投資家たちからすると、行政や大企業のビットコイン批判は「情報操作」が目的ではないかと感じる人も多いようだ。

⇒ インドはビットコインを通貨としない

⇒ 国営銀行がブロックチェーン導入か

関連記事

  1. イスラエル、分散型台帳技術に関する情報募集

  2. Bithumb、シンガポールファンドに買収

  3. XRP,ブリッジ通貨としての準備着実に[インドネシア・トルコ等の取引所…

  4. 格付け機関の暗号通貨評価

  5. 浮遊島プロジェクト

  6. 米債券王ガンドラック氏、BTCを市場のセンチメント指針として活用

PAGE TOP

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場

ニュース

シティグループ、暗号資産関連での求人[大手金融機関とアメリカでの定義見直しの動き…

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表