ニュース

インドの中央銀行が警笛を鳴らす

事実上のインドの中央銀行であるインド準備銀行はビットコインについて再び警告した。

以前も警告を行っているが今回も重ねてビットコインについて警笛を鳴らした形となった。特に今回は一般ユーザーに対しての警告であり、保有者や短期のトレーダーに当てている。またインドでは仮想通貨関連企業に対して一切の”ライセンス”の発行を行ってないということを強調した。

最近ではビットコインの知名度が日本国内でも上がっており、またその価格が示すように一定の価値があると現在ではされている。投資家たちからすると、行政や大企業のビットコイン批判は「情報操作」が目的ではないかと感じる人も多いようだ。

⇒ インドはビットコインを通貨としない

⇒ 国営銀行がブロックチェーン導入か

関連記事

  1. SBI 送金用スマホアプリ開発

  2. ビットコイン強盗未遂で少年逮捕

  3. アメリカ政府がブロックチェーンの技術者を募集か?

  4. ビットコインキャッシュの躍進に期待感高まる

  5. 新注目仮想通貨「スチーム」

  6. Ripple LAbs、TechnologyPioneerとして表彰さ…

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

ブロックチェーンを利用した小切手開発

ニュース

日本発の暗号通貨ウォレットGinco

ニュース

LINE、Dapps制作に向け動き出す

ニュース

金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

ニュース

中国、規制体制変わらず

ニュース

暗号通貨に対する国内法の解説演説