ニュース

ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループであるゴールドマン・サックスが仮想通貨の専門部署の設置を進めているようだ。

むしろ今まで無かったのかと驚いた。ゴールドマン・サックスは乗り遅れてビットコイン批判をしているJPモルガンやバンカメなどその他のヘッジファンドと比べて早くから仮想通貨業界に着目しその可能性を追求している。ブロックチェーンに関してはR3の主宰するコンソーシアムに早くから参加し、十分な知識を得たからかその後脱退している。

2018年6月末までに業務を始める方針を示しているゴールドマン・サックスの仮想通貨部署の課題は管理やセキュリティー方針くらいだろう。またゴールドマン・サックスはCME等が開始したビットコイン先物の決済をも行っている。

関連記事

  1. モナバコにBCH対応!!

  2. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  3. 個人間取引で相次ぐ詐欺

  4. ビットコインが大幅下落、一時2000ドル付近も記録。

  5. Barclays、ブロックチェーン関連企業2社と契約

  6. クロスチェーン技術とは[初心者向け]

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行