ニュース

ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループであるゴールドマン・サックスが仮想通貨の専門部署の設置を進めているようだ。

むしろ今まで無かったのかと驚いた。ゴールドマン・サックスは乗り遅れてビットコイン批判をしているJPモルガンやバンカメなどその他のヘッジファンドと比べて早くから仮想通貨業界に着目しその可能性を追求している。ブロックチェーンに関してはR3の主宰するコンソーシアムに早くから参加し、十分な知識を得たからかその後脱退している。

2018年6月末までに業務を始める方針を示しているゴールドマン・サックスの仮想通貨部署の課題は管理やセキュリティー方針くらいだろう。またゴールドマン・サックスはCME等が開始したビットコイン先物の決済をも行っている。

関連記事

  1. チリ、エネルギー管理にブロックチェーン

  2. 日本仮想通貨事業者協会、法人名変更

  3. WannaCry対策アプリを名乗る偽アプリが登場、マカフィーが注意促す…

  4. モナコインが中国取引所QBTCに上場

  5. ブロックチェーン技術は日本をどう変えるのか[業界の動き]

  6. 昨日(9/24)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現