ニュース

ゴールドマン・サックス仮想通貨専門部署設置へ

アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループであるゴールドマン・サックスが仮想通貨の専門部署の設置を進めているようだ。

むしろ今まで無かったのかと驚いた。ゴールドマン・サックスは乗り遅れてビットコイン批判をしているJPモルガンやバンカメなどその他のヘッジファンドと比べて早くから仮想通貨業界に着目しその可能性を追求している。ブロックチェーンに関してはR3の主宰するコンソーシアムに早くから参加し、十分な知識を得たからかその後脱退している。

2018年6月末までに業務を始める方針を示しているゴールドマン・サックスの仮想通貨部署の課題は管理やセキュリティー方針くらいだろう。またゴールドマン・サックスはCME等が開始したビットコイン先物の決済をも行っている。

関連記事

  1. Ernst & Youngが約1300万ドル分のビットコインを…

  2. 中国国営放送でP2P取引に違法性示唆

  3. クリミア半島で職員が不正マイニング

  4. ゴールドマン「仮想通貨、途上国なら発展」

  5. 連邦準備銀行の要人が暗号通貨を軽視か?

  6. デロイト、ウォール街にブロックチェーンラボを開設

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP