ニュース

黒田総裁「仮想通貨、影響なし」

日本の中央銀行である日本銀行。その総裁であり、元財務官僚の黒田東彦総裁が仮想通貨について言及した。

黒田東彦総裁はビットコインについて定例の記者会見にて、「金融的投機の対象となっており、以上に高騰しているのは事実だ」と語った。ビットコインの価格に関しては異常かどうかはこの先にわかるものとして、その上がり方が急激であることは明確だ。今は一旦調整が起こっているが、これが単なる調整であればまだ高値更新の可能性は残っているという事になる。

黒田東彦総裁は続けて、「金融政策への影響はない」とした。

日本では取引業者を認可制にしており、世界的にもいち早く国が認可を出している。金融庁がどこまでしっかりと取り締まれるかがポイントになっているが一定の基準を設けたことは早い対処である。国税も税に関する規則も明確にし日本での仮想通貨の立ち位置がはっきりしてきたところだ。

関連記事

  1. ビットコイン販売で起訴される?

  2. 携帯業界に大きな影響を及ぼすブロックチェーンスマホ

  3. なりすまし詐欺が多発[Twitter上で]

  4. FX国内大手、ビットコイン関連事業参入を計画へ

  5. ロシアは選挙にブロックチェーン活用

  6. ICOの成功とは

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]