ニュース

黒田総裁「仮想通貨、影響なし」

日本の中央銀行である日本銀行。その総裁であり、元財務官僚の黒田東彦総裁が仮想通貨について言及した。

黒田東彦総裁はビットコインについて定例の記者会見にて、「金融的投機の対象となっており、以上に高騰しているのは事実だ」と語った。ビットコインの価格に関しては異常かどうかはこの先にわかるものとして、その上がり方が急激であることは明確だ。今は一旦調整が起こっているが、これが単なる調整であればまだ高値更新の可能性は残っているという事になる。

黒田東彦総裁は続けて、「金融政策への影響はない」とした。

日本では取引業者を認可制にしており、世界的にもいち早く国が認可を出している。金融庁がどこまでしっかりと取り締まれるかがポイントになっているが一定の基準を設けたことは早い対処である。国税も税に関する規則も明確にし日本での仮想通貨の立ち位置がはっきりしてきたところだ。

関連記事

  1. 個人間取引に最適なブロックチェーン技術

  2. アジア最大級イベント、東京で開催!

  3. SBI、みずほファイナンス、ブロックチェーンでの送金システムの開発へ

  4. テレグラムICO好調、価格初回の3倍、2弾目も8.5憶ドル調達か

  5. モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

  6. 分散型台帳技術・暗号通貨関連法案承認[マルタ]

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行