ニュース

UBSがデジタルセキュリティに危機感

UBSは新たな特許申請を行ったが、より安全なネット社会を目指すことに注力している。

同社は、デジタル化された財務状況のデータや各取引情報、有価証券などの資産の保有者情報など、これらの安全性が管理者に一任されてしまっていることに懸念を示している。これらがブロックチェーンで管理されていたとしても同じことが言えるとし、せっかくのブロックチェーンの利点を最大限引き出せていないのではと主張している。

問題点の一つとして、「永続的な管理」が可能かどうかという点がある。ビットコインもこの点において欠陥が浮き彫りになり、危険視されている。

新しい技術が安全に確実に明瞭なシステムとして我々一般人の手に届くことを期待して待ちたい。

⇒ UBSブロックチェーンに言及

関連記事

  1. IndieSquare、テックビューロと業務提携、「Zaif」公開へ

  2. どうなる!?ビットコインETFの未来

  3. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  4. ジンバブエでビットコインが急騰

  5. エジプト・フィリピンでも仮想通貨取引所が新たに開設

  6. オーストラリア政府はブロックチェーン技術開発に援助

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP