ニュース

bitFlyer手数料UP、ビットコインに原因か

国内の認可された大手の暗号通貨の取引所であるbitFlyer、女優の成海璃子をイメージキャラクターとしCMもやっている。

先日は顧客への誤送金で話題になったがSNS上の簡単な謝罪で終わっている。金融庁も自分達で認可を出したばかりなので目をつむっているのであろう。行政なんてそんなもんだ。民に不条理を押し付けるのが官であるのは、いつの時代も変わらない。

⇒ bitFlyerの処罰はいかに?

そんなbitFlyerはビットコインの取引における手数料を上げた。⇒ 詳細はこちら

一般の顧客からすれば大きすぎる手数料だが、こればっかりはbitFlyerの問題ではない。ビットコインは送金が数十万件もたまっている。溜まっているというのは、送金が出来ずに止まってしまっているという事だからこれだけでも大問題だ。ビットコインの送金は手数料の高いモノからブロックに入っていきトランザクションが完了する。bitFlyerが手数料を上げてきたのは苦肉の策か。

取引業者は一番認知されているビットコインを取り扱わないと新規顧客から見放されてしまうが、ビットコインを取り扱うことが大変になってきている。どこか海外の大手あたりがビットコインの取り扱いをやめたら連鎖的に広がっていく可能性もあるだろう。

関連記事

  1. マレーシアの暗号通貨の規制進む

  2. エチオピア、農業にブロックチェーン技術活用

  3. 日本国内の暗号通貨課税状況

  4. 朗報続々、Rippleの快進撃

  5. 暗号通貨の管理から確定申告まで[利便性向上]

  6. 富士通がブロックチェーン技術を試行

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ