ニュース

モスクワでブロックチェーン導入

人口は約1150万人でヨーロッパでは最も人口の多く、ロシア連邦の首都であり、モスクワ州の州都でもあるモスクワ。このモスクワでブロックチェーンの導入を計画されている。

モスクワで計画されているブロックチェーンの活用方法は市民投票の場面だ。特に地方投票などは不正が目立つようで、より安全でアック実な地方投票を行うためにブロックチェーンの導入を進めているようだ。以前株主総会での投票にブロックチェーンを活用した例があったが、それの市民投票版だ。このモスクワの例では、誰が何に投票したのかを追跡できるようだが、システムが正常に機能することが大前提であり、不具合があったときなどに問題になりそうだから慎重に進めるべき事案だ。

関連記事

  1. 著名投資家のエリック・ジャクソンが業界に言及

  2. マルタ、政府の暗号通貨の専門機関

  3. 「回答していただければ報酬渡します」

  4. 【独自通貨ブーム‼】マーシャル諸島も独自仮想通貨「ソブリン」発行を計画…

  5. コインチェック、訴訟費用は最大で20億

  6. 銀行に利用される暗号通貨XRP

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現