ニュース

モスクワでブロックチェーン導入

人口は約1150万人でヨーロッパでは最も人口の多く、ロシア連邦の首都であり、モスクワ州の州都でもあるモスクワ。このモスクワでブロックチェーンの導入を計画されている。

モスクワで計画されているブロックチェーンの活用方法は市民投票の場面だ。特に地方投票などは不正が目立つようで、より安全でアック実な地方投票を行うためにブロックチェーンの導入を進めているようだ。以前株主総会での投票にブロックチェーンを活用した例があったが、それの市民投票版だ。このモスクワの例では、誰が何に投票したのかを追跡できるようだが、システムが正常に機能することが大前提であり、不具合があったときなどに問題になりそうだから慎重に進めるべき事案だ。

関連記事

  1. ロシアは7月までに新たな「仮想通貨規制法」施行

  2. バイナンスに続きOKExも本拠をマルタへ

  3. AsicBoostの脆弱性を利用した不正マイニングが発覚

  4. 東京金融取引所の代表が仮想通貨業界について言及

  5. 【速報】RippleGWのMr.Ripple、香港で開業

  6. 韓国ソウルで独自の暗号通貨開発

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

韓国の規制状況

ニュース

イーサリアム上でのアプリ作成が簡単に

ニュース

台湾は11月に新たな規制施行予定

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

ニュース

マイニングに対する各国の動き

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】