ニュース

DMM Bitcoinはじまる

DMM.comが発表したのは、グループ会社で仮想通貨取引所を運営する「東京ビットコイン取引所」を「DMM Bitcoin」に名称を変更するという内容だった。さらに同社は来年初頭よりサービスを開始するようだ。

現在のサービスは段階的に停止していき、完全移行を目指す。現在東京ビットコイン取引所を使っているユーザーは注意してほしい。

また今のビットコインの状況を考えてもサービス名に「ビットコイン」と入れるのはやはりこの仮想通貨という市場の中で圧倒的に「ビットコイン」というワードの認知が高く、今後も仮想通貨=ビットコインというイメージが一般人にはあると踏んでの事だろう。

今後取り扱うことになる仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの7種類のようだ。

 

関連記事

  1. 高級車メーカー「BMW」がさらにブロックチェーン企業と提携

  2. インド税務当局が仮想通貨ユーザーに課税通知書を送付

  3. RippleTrade、本人確認書類提出期限を10月30日に延期

  4. 韓国大手取引所、詐欺の疑いで家宅捜索

  5. ビットコインは心理的節目9000ドル目指す展開

  6. QUOINE視線は世界へ

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現