ニュース

ソニーが新しい特許出願

ソニーはIBMと提携しブロックチェーン技術の開発を行っている。

そんなソニーが新しく出願した特許は「教育」分野だ。既に海外では希望者には大学の単位の認定を卒業の証明をブロックチェーンをつかったサービスで発行するなど「教育」分野とブロックチェーンの融合は始まっている。ソニーの新しいシステムによると、学生の情報を管理し、それの共有を承認したもの同士で共有するというサービスだ。

そのプラットホームのサービスが浸透すれば、個人情報の保護と活用がより効率化される。進級、進学、単位の認定から就活・転職など幅広い活用が期待される。

 

関連記事

  1. ロシア、中国に対抗してビットコインのマイニングに1億ドルを用意

  2. ビットコインで家を買ったら、価格変動で格安に!?更に高級車まで

  3. QUOINE、海外子会社で大規模ICO

  4. エストニアが自国の仮想通貨を発行する可能性

  5. ニューヨーク大学の学生がブロックチェーンを用いた投票システムを開発

  6. ビットコイン取引所 247exchange、使い勝手が大幅に向上

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP