ニュース

ソニーが新しい特許出願

ソニーはIBMと提携しブロックチェーン技術の開発を行っている。

そんなソニーが新しく出願した特許は「教育」分野だ。既に海外では希望者には大学の単位の認定を卒業の証明をブロックチェーンをつかったサービスで発行するなど「教育」分野とブロックチェーンの融合は始まっている。ソニーの新しいシステムによると、学生の情報を管理し、それの共有を承認したもの同士で共有するというサービスだ。

そのプラットホームのサービスが浸透すれば、個人情報の保護と活用がより効率化される。進級、進学、単位の認定から就活・転職など幅広い活用が期待される。

 

関連記事

  1. 中国、真の理想郷となるか[AI/ブロックチェーン技術/顔認証]

  2. Coinbase、XRP含む31種の上場検討

  3. Mr.Exchangeで偽サイト

  4. プレイボーイがウォレットビジネスへ

  5. 韓国、ギフト券として暗号通貨発行

  6. ブロックチェーン企業立ち上げに最適な国

PAGE TOP

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]