ニュース

ソニーが新しい特許出願

ソニーはIBMと提携しブロックチェーン技術の開発を行っている。

そんなソニーが新しく出願した特許は「教育」分野だ。既に海外では希望者には大学の単位の認定を卒業の証明をブロックチェーンをつかったサービスで発行するなど「教育」分野とブロックチェーンの融合は始まっている。ソニーの新しいシステムによると、学生の情報を管理し、それの共有を承認したもの同士で共有するというサービスだ。

そのプラットホームのサービスが浸透すれば、個人情報の保護と活用がより効率化される。進級、進学、単位の認定から就活・転職など幅広い活用が期待される。

 

関連記事

  1. 韓国政府は取引所に罰金、個人情報保護違反か

  2. apple、仮想通貨アプリの制限を強化

  3. 世界はビットコインが目障りでリップルを歓迎する

  4. ブラックロック、ビットコインに警告、ブロックチェーンには強気

  5. 証券会社が暗号通貨取引を担うようになるか

  6. スイスの大学がビットコインを導入

PAGE TOP

ニュース

おかえり!金塊ハンター

ニュース

Coinbase、新ウォレットは機能豊富

ニュース

Binance、法定通貨建て取引所を設立

ニュース

昨日(8/17)のニュースまとめ

ニュース

xRapidの本格始動に期待が高まる

ニュース

LINE,投資で技術提携

ニュース

取引所は支援対象から除外[韓国]

ニュース

TwitterからMastodonへ移行