ニュース

ECB副総裁がビットコインに再び警告

ECBの副総裁がビットコインの価格上昇について再び警笛を鳴らした。以前もECB副総裁はビットコインは無価値なモノと同等な批判をしていたがここまで価格が上昇した今でも考えは変わっていないようだ。

本店をドイツのフランクフルトに置くユーロ圏19か国の金融政策を担う中央銀行のECBは世界的にも重要機関でありその政策や要人の発言は為替相場をも動かす時があるほどだ。そんなECBのナンバー2にあたる副総裁は以前よりビットコイン否定派のひとりだ。同氏は世界的に投資先が無くなってしまっていることに関して本来の投資マネーが停滞し投機的な対象に流れているとし、投機家の共通の定義に過ぎなく、ビットコイン自体の価値は無いとした。

また同氏はビットコインについてはバブル状態であると言い切った。

関連記事

  1. SWIFT,APIを活用した新システムで対抗

  2. BCHのハードフォーク、分裂の可能性

  3. Bainance、素早い対応

  4. BTC10%下落、仮想通貨取引所「バイナンス」のハッキングの噂やSEC…

  5. 分散型取引所でもハッキング被害

  6. リップルのxVia3か国が新たに採用

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]