ニュース

中国国営放送でP2P取引に違法性示唆

このブロックチェーンをはじめとした暗号通貨市場の急成長にはP2P取引というのが一番の肝だ。これをより安全により高速で確実に行うことが出来れば多くの業界に革命が起こることになる。PSPとは、Peer to Peerの略であり、ネットワーク上で対等な関係にある端末を直接つなぎ、データをやりとりする方式のことである。またこの技術により仮想通貨は中央集権の管理下に置かれる必要がないとされる。

⇒ コインの森の用語集で関連ワードもチェック

このP2Pには業界ごとに賛否がある。特に販売にライセンスを要するような業界はとりわけ問題視しているが、中国の国営放送でもこれらに言及された。従来から指摘されていたが、金融事業関連においてはP2P取引を促進することで違法な取引が出てくると危険視されている。

関連記事

  1. コインベースがベンチャー投資ファンド設立

  2. BlackWalletがハッキングされた?

  3. ビットコインの拡張性について

  4. フィリピン法規制へ

  5. ビットコイン建てのドバイ高級マンションの売れ行き好調

  6. SBI 送金用スマホアプリ開発

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

再生可能エネルギーを使用してマイニング

ニュース

XRPの高騰、将来への期待

ニュース

ポルノハブでも暗号通貨決済導入

ニュース

韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

ニュース

P2Pプラットフォームで顧客確認

ニュース

G20後の政府の動き

ニュース

三菱UFJの暗号通貨実証実験開始

ニュース

Huaweiがブロックチェーン開発支援サービス