ニュース

中国国営放送でP2P取引に違法性示唆

このブロックチェーンをはじめとした暗号通貨市場の急成長にはP2P取引というのが一番の肝だ。これをより安全により高速で確実に行うことが出来れば多くの業界に革命が起こることになる。PSPとは、Peer to Peerの略であり、ネットワーク上で対等な関係にある端末を直接つなぎ、データをやりとりする方式のことである。またこの技術により仮想通貨は中央集権の管理下に置かれる必要がないとされる。

⇒ コインの森の用語集で関連ワードもチェック

このP2Pには業界ごとに賛否がある。特に販売にライセンスを要するような業界はとりわけ問題視しているが、中国の国営放送でもこれらに言及された。従来から指摘されていたが、金融事業関連においてはP2P取引を促進することで違法な取引が出てくると危険視されている。

関連記事

  1. マイニング装置のセール?

  2. ガンホー会長がICOに言及

  3. 国内初、大規模な仮想通貨ファレンス 7月6日に開催

  4. ブロックチェーン大学校が開講、初回は公開形式で

  5. GMO子会社が「仮想通貨FX」開始24日から

  6. ライトコイン、SegWit対応が現実味

PAGE TOP