ニュース

ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

これまでロシアは仮想通貨を合法としないというスタンスを取っているが、ブロックチェーン開発には力を入れ、また国のオリジナルの仮想通貨も作る方向でいる。またICOも完全規制というわけでもなく社会主義国ならではの曖昧な立場を取ってきた。しかし中国と密接に繋がる社会主義国に世界からは仮想通貨との関わりを注目されてきた。

今回ロシアの中央銀行はこの仮想通貨市場で起こっている明らかなバブルが投資家に損失を与える可能性が極めて高いと警告した。

また従来のように仮想通貨が犯罪助長、マネロン、テロ資金への流入などの危険性を重ねて警告し、今後ロシアでは仮想通貨関係のウェブサイトへのアクセス遮断を予定通り進める方向でいる。

関連記事

  1. デロイトがブロックチェーンを使った不動産契約情報管理の実証実験

  2. カナダ中央銀行、仮想通貨開発へ

  3. リップルが時価総額2位へ

  4. どうなる!?ビットコインETFの未来

  5. ロシアのバーガーキングが自社で暗号通貨を発表

  6. 【号外‼】ミサイル日本領土上空通過、北朝鮮の脅威と暗号通貨

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP