ニュース

ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

これまでロシアは仮想通貨を合法としないというスタンスを取っているが、ブロックチェーン開発には力を入れ、また国のオリジナルの仮想通貨も作る方向でいる。またICOも完全規制というわけでもなく社会主義国ならではの曖昧な立場を取ってきた。しかし中国と密接に繋がる社会主義国に世界からは仮想通貨との関わりを注目されてきた。

今回ロシアの中央銀行はこの仮想通貨市場で起こっている明らかなバブルが投資家に損失を与える可能性が極めて高いと警告した。

また従来のように仮想通貨が犯罪助長、マネロン、テロ資金への流入などの危険性を重ねて警告し、今後ロシアでは仮想通貨関係のウェブサイトへのアクセス遮断を予定通り進める方向でいる。

関連記事

  1. お金の機能とは[法定通貨と暗号通貨]

  2. 北朝鮮ウイルス使い仮想通貨を不正入手

  3. XRPは今後どのように成長していくのか

  4. 日本自主規制団体、内部関係者の情報漏洩・匿名通貨の扱い禁止

  5. ブロックチェーン技術は企業にとって重要な資産

  6. シンガポール中央銀行ビットコイン支払い規制か

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ