ニュース

ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

これまでロシアは仮想通貨を合法としないというスタンスを取っているが、ブロックチェーン開発には力を入れ、また国のオリジナルの仮想通貨も作る方向でいる。またICOも完全規制というわけでもなく社会主義国ならではの曖昧な立場を取ってきた。しかし中国と密接に繋がる社会主義国に世界からは仮想通貨との関わりを注目されてきた。

今回ロシアの中央銀行はこの仮想通貨市場で起こっている明らかなバブルが投資家に損失を与える可能性が極めて高いと警告した。

また従来のように仮想通貨が犯罪助長、マネロン、テロ資金への流入などの危険性を重ねて警告し、今後ロシアでは仮想通貨関係のウェブサイトへのアクセス遮断を予定通り進める方向でいる。

関連記事

  1. 仮想通貨マイナービットファーム、加ケベックで1.93憶ドル規模の投資へ…

  2. Ripple社、欧州市場の規制対策

  3. 「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

  4. XRPとは[初心者向け]

  5. bitFlyer、新たなサービス

  6. 大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]