ニュース

ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

これまでロシアは仮想通貨を合法としないというスタンスを取っているが、ブロックチェーン開発には力を入れ、また国のオリジナルの仮想通貨も作る方向でいる。またICOも完全規制というわけでもなく社会主義国ならではの曖昧な立場を取ってきた。しかし中国と密接に繋がる社会主義国に世界からは仮想通貨との関わりを注目されてきた。

今回ロシアの中央銀行はこの仮想通貨市場で起こっている明らかなバブルが投資家に損失を与える可能性が極めて高いと警告した。

また従来のように仮想通貨が犯罪助長、マネロン、テロ資金への流入などの危険性を重ねて警告し、今後ロシアでは仮想通貨関係のウェブサイトへのアクセス遮断を予定通り進める方向でいる。

関連記事

  1. アメリカの暗号通貨税で相場下落か

  2. 中国の三大取引所が仮想通貨に取引手数料を導入。

  3. アイスランド議員、仮想通貨マイナーに対する課税を提案

  4. アメリカ決済アプリ会社「サークル」がポロ二エックスを買収か?

  5. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  6. イスラムの銀行がブロックチェーンを研究

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

ブロックチェーンを利用した小切手開発

ニュース

日本発の暗号通貨ウォレットGinco

ニュース

LINE、Dapps制作に向け動き出す

ニュース

金銭の絡まない評価を届ける暗号通貨

ニュース

中国、規制体制変わらず

ニュース

暗号通貨に対する国内法の解説演説