ニュース

ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

これまでロシアは仮想通貨を合法としないというスタンスを取っているが、ブロックチェーン開発には力を入れ、また国のオリジナルの仮想通貨も作る方向でいる。またICOも完全規制というわけでもなく社会主義国ならではの曖昧な立場を取ってきた。しかし中国と密接に繋がる社会主義国に世界からは仮想通貨との関わりを注目されてきた。

今回ロシアの中央銀行はこの仮想通貨市場で起こっている明らかなバブルが投資家に損失を与える可能性が極めて高いと警告した。

また従来のように仮想通貨が犯罪助長、マネロン、テロ資金への流入などの危険性を重ねて警告し、今後ロシアでは仮想通貨関係のウェブサイトへのアクセス遮断を予定通り進める方向でいる。

関連記事

  1. ブロックチェーン特許取得は投資呼び込みとして活用

  2. bitFlyer顧客対応窓口を新たに開設

  3. 米ゴールドマン・サックス、R3コンソーシアムから脱退

  4. Bittrexは3月末で80種以上のコインウォレットを廃止へ

  5. COMSA本日トークンセール

  6. スウェーデンのノルデア銀行従業員の仮想通貨取引禁止へ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?