ニュース

韓国Samsungがブロックチェーンプラットホーム

1938年に設立された大韓民国最大の財閥であるサムスングループの、ITサービスを主な事業としているサムスンSDSがブロックチェーンに力を入れている。

サムスンSDSはブロックチェーンをベースとしたプラットホームを開発しており、ソウル市と提携し2022年までに首都圏の交通機関やその監視等をブロックチェーンで管理していくようだ。韓国は国の経済が停滞しており国を挙げて経済再興のために力を入れている。今後、ソウル市は世界のなかのグローバル都市として頭角を現したい考えだ。

韓国はビットコインを通貨とみなさず、特に規制当局を設けないという判断を下しており、悪く言えば無法であるが、よく言えば企業も積極的にこの機会にチャレンジできる。日本企業も韓国で仮想通貨の交換所を始めているところも複数あり今後の韓国の仮想通貨事情にも注目したいところだ。

⇒ ビットコイン規制せず

⇒ メタップスが韓国市場に参入

⇒ ビットポイントが韓国市場に参入

関連記事

  1. 韓国ソウルで独自の暗号通貨開発

  2. bitFlyer手数料UP、ビットコインに原因か

  3. Samsung電子が仮想通貨マイニングベンチャーを立ち上げへ

  4. 中国の規制は正しかったのか

  5. 元ファンドマネージャーがマーチャントバンク設立

  6. オーストラリアの店舗でビットコイン販売

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

再生可能エネルギーを使用してマイニング

ニュース

XRPの高騰、将来への期待

ニュース

ポルノハブでも暗号通貨決済導入

ニュース

韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

ニュース

P2Pプラットフォームで顧客確認

ニュース

G20後の政府の動き

ニュース

三菱UFJの暗号通貨実証実験開始

ニュース

Huaweiがブロックチェーン開発支援サービス