ニュース

スイス国立銀行が仮想通貨へ言及

スイス連邦の中央権港にあたる、スイス国立銀行のトップが仮想通貨について言及した。

仮想通貨、そのものについてはコスト削減につながる革新的なものだと解釈しているうえで、中央銀行が管理するマザーカレンシーとどのような関係を持ち、それを保つことが出来るかという事を模索しているようだ。実際に、現存する通貨をすべてデジタル化しXRPの技術を使って送受信したらそれで金融革命は終わるといった声もある。

今後はフィアット通貨が仮想通貨をどのように位置づけ、どのような関係を持つかが焦点になってきそうだ。

関連記事

  1. アリゾナ州でブロックチェーン法案が成立

  2. 香港証券先物委員会「仮想通貨マーケットの監視強化」

  3. ポルトガルでビットコイン投資に課税の流れ

  4. リップルCEO、コインベース上場に関する言及避ける

  5. ウィキリークスへの寄付が4000BTC(約3億6000万円)に到達

  6. GMO、100億円の本気

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

再生可能エネルギーを使用してマイニング

ニュース

XRPの高騰、将来への期待

ニュース

ポルノハブでも暗号通貨決済導入

ニュース

韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

ニュース

P2Pプラットフォームで顧客確認

ニュース

G20後の政府の動き

ニュース

三菱UFJの暗号通貨実証実験開始

ニュース

Huaweiがブロックチェーン開発支援サービス