ニュース

アメリカ証券取引委員会がICOを差し止め

アメリカ証券取引委員会(SEC)はアメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。いわばSECが完全なる規制当局である。

そんなSECが仮想通貨やトークンを発行することで資金調達をするICO(イニシャル・コイン・オファリング)を停止させたことで仮想通貨業界が騒然とした。今回ICOを行おうとしたのはレストラン評価アプリを手掛けるマンチーだ。

ICOが行えなかった理由は、投資商品として十分なリターンが期待できることによりSECへの登録が必要であったという事が一番の理由だった。今までのICOに投資したことがある人も多くいると思うが、ほとんどすべての投資家がリターンを期待して投資しているはずだから、この点も少し驚きだ。

詐欺の疑いなどが全くない企業のICOの差し止めに、今後ICOを考えている企業や団体は驚きを隠せなかっただろう。

またICOのリターンは現存する投資商品のどの利率よりも飛びぬけて高いことも危惧される側面だろう。

関連記事

  1. ビットコインの税収詐欺とは

  2. バンク・オブ・アメリカCEOビットコインに言及

  3. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

  4. 中国情勢に変化か

  5. ビットコイン、ストックホルム市場で取り扱い開始

  6. UPSはブロックチェーンでペーパーレスへ

PAGE TOP