ニュース

オーストリアの銀行がR3へ

オーストリアのウィーンに本店を置く銀行であるRaiffeisen銀行はブロックチェーンコンソーシアムであるR3へ参加した。

R3はこれまでゴールドマンサックスなど多くの企業や団体が参加してきた。一時はリップル社とも協業していた世界でも有数のブロックチェーンコンソーシアムだ。Raiffeisen銀行は同国のオーストリアでは初めてR3に参加した銀行となる。日本のメガバンクなども参加事例がある。

Raiffeisen銀行は、中東から欧州までと幅広くネットワークを持っており、今後自社のブロックチェーンのイニシアチブを取っていこうとしている。R3への参加の意図としては今後のブロックチェーンを使ったインフラ構築に十分なノウハウを得ることが出来ると考えているようだ。

関連記事

  1. サンフランシスコ連邦準備銀行総裁、暗号通貨否定

  2. LINE,投資で技術提携

  3. 昨日(7/21)のニュースまとめ

  4. 韓国の投資家、約4億ドルでビットスタンプ買収

  5. 匿名通貨③[XVG]

  6. 業務改善命令を受けた取引所の動き

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]