ニュース

ECBドラギ氏、仮想通貨を軽視

イタリアの経済学者でありイタリア銀行総裁をも歴任し、トリシェの後任として現三代目ECB総裁がマリオ・ドラギ氏。トレーダーや投資家はECB総裁であるドラギ氏の声明などの影響力を良く理解しているだろう。

そのドラギ氏が仮想通貨について言及したのは、「まだ仮想通貨は規制するほどの影響力は無い」というものであった。一時トヨタの時価総額をも超えたビットコイン、もちろん仮想通貨はビットコインだけではない。それほどまでに成長した仮想通貨業界をドラギ氏はまだ影響の少ない事柄と認識しているようだ。

その理由の一つとしては、EU加盟国の全てがビットコインを採用していないという事にある。法と照らし合わせたところ法整備が必要であったり違法であったりなど見解の相違も目立つ仮想通貨だがECBとしてはEU加盟国の多くがこれを採用しないと規制の議論をするに値しないという見解だ。

写真:ウィキペディア

関連記事

  1. ウィーペイCEO、仮想通貨での支払いの需要を感じない

  2. AIとブロックチェーン技術で医療データ取引

  3. IMF、G20で仮想通貨規制を推し進める

  4. 大口投資家情報の報告義務[イスラエル]

  5. イラン中央銀行関係者がビットコインを危惧

  6. BTC発掘機で連邦違反

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ