ニュース

インドの国営銀行がブロックチェーン導入

インドステイト銀行は1806年創業のインドのインドマハーラーシュトラ州ムンバイに本店を置く国営銀行だ。従業員数は20万人を超すインドの最大手銀行だ。

このインドステイト銀行がブロックチェーンを使用したスマート契約可能なシステムのベータ版をテスト試行しているようだ。まずは複雑ではないような顧客との契約などに使用していく方針を打ち出している。もともと「金融改革」をイメージされていたこの仮想通貨の躍進は様々な銀行を巻き込み成長している。リップル社も銀行間の送金を素早く行える革新的なモノでありその範囲をどんどん拡大しているが、顧客とのスマート契約も顧客からすればより利便性も上がって満足度が期待できる。

⇒ ロシアの中央銀行

⇒ イランの中央銀行

⇒ ブラジルの中央銀行

関連記事

  1. 登録済み取引所への行政処分

  2. 国際送金戦争勃発、国内メガバンクも相次ぎ参戦

  3. ビットコイン生みの親がノーベル賞に推薦される

  4. ETH、証券化の心配なし

  5. Coinbase 公認取引所となるか

  6. 高級車メーカー「BMW」がさらにブロックチェーン企業と提携

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

貿易の安全性・透明性の改善へ[シンガポール]

ニュース

SBI VC新規口座開設開始

ニュース

ICOの現実 ホワイトペーパーの存在

ニュース

Basic Attention Token(BAT)とは?

ニュース

ステラのBCを利用したステーブルコイン、IBM支援

ニュース

昨日(7/19)のニュースまとめ

ニュース

金融機関、KYCの共同化[日本]

ニュース

GMO、ネット銀行事業開始