ニュース

CMEのビットコイン先物に注目が集まる

CMEのビットコイン先物に注目が集まっている。

CMEのビットコイン先物が取引開始日に多くの報道と憶測が飛び交っている。今月の11日には取引開始になるという報道もあったが、その報道を否定するものもありかく乱されている。しかしそれだけCMEのビットコイン先物に注目が集まっているということだ。

ビットコインの価格は130万円弱で推移しているが、この価格がバブル状態とした過大評価なのか真の価値なのかを市場では見極めようとする参加者が多い。現在保有している参加者は売却のタイミングをはかっているし、現在ビットコインを保有していなくてもいつか来るだろうと思われている相場の下落を信用売りで参入したいという投資家もいるだろう。

CMEで正式にビットコイン先物が公開されたら取引の対象とすると発表したのは世界最古のヘッジファンドであるマン・グループだ。

⇒ マン・グループ仮想通貨取引に参入か?

ヘッジファンドがビットコイン先物に入ってきたら「売り」優勢で仕掛けてくるのではという意見も多く今後の動向に注意が必要だ。

関連記事

  1. Facebook、暗号通貨関連広告規制緩和

  2. 西日本新聞社、ブロックチェーンを利用したメディア

  3. 金融規制当局、法令の準拠を不安視[オランダ]

  4. 脱炭素社会実現に向けたデジタルグリッドの動き[ブロックチェーン]

  5. アメリカ国内の取引所は証券取引委員会の認可制へ

  6. ルメール仏財務相、BTCや仮想通貨の重要性に言及

PAGE TOP

ニュース

OSCE、中央アジア諸国と情報共有[取締機関での協力体制]

ニュース

昨日(2/22)のニュースまとめ

ニュース

ノアコインを所有しているのですが…[コインの森なんでも相談]

ニュース

マルタ、Binanceが認可を得ていないことを公表[法規制準拠とは]

ニュース

FCoin、再開計画に関する協議を発表[時間稼ぎが目的?]

ニュース

JCCA,消費実態調査公表[使い分け派をキャッシュレス派へ]

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

みずほ「個人向けデジタル社債」提供へ[ブロックチェーン]