ニュース

CMEのビットコイン先物に注目が集まる

CMEのビットコイン先物に注目が集まっている。

CMEのビットコイン先物が取引開始日に多くの報道と憶測が飛び交っている。今月の11日には取引開始になるという報道もあったが、その報道を否定するものもありかく乱されている。しかしそれだけCMEのビットコイン先物に注目が集まっているということだ。

ビットコインの価格は130万円弱で推移しているが、この価格がバブル状態とした過大評価なのか真の価値なのかを市場では見極めようとする参加者が多い。現在保有している参加者は売却のタイミングをはかっているし、現在ビットコインを保有していなくてもいつか来るだろうと思われている相場の下落を信用売りで参入したいという投資家もいるだろう。

CMEで正式にビットコイン先物が公開されたら取引の対象とすると発表したのは世界最古のヘッジファンドであるマン・グループだ。

⇒ マン・グループ仮想通貨取引に参入か?

ヘッジファンドがビットコイン先物に入ってきたら「売り」優勢で仕掛けてくるのではという意見も多く今後の動向に注意が必要だ。

関連記事

  1. スイスの金融当局がICOの調査へ

  2. 国内最大手bitFlyerの処罰はいかに!?

  3. ビットコインへの課税措置について。

  4. ミクシィのフンザが「Coincheck Payment」導入しチケット…

  5. インドで住民の情報をブロックチェーンで管理

  6. 中国、アリババが決済サービスのブロックチェーン導入へ本腰

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP