ニュース

bitFlyer USAが事業開始

日本の許認可を受けている仮想通貨取引所であり、国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業をうたっているbitFlyer。このbitFlyerの子会社bitFlyer USAがアメリカで取引所を開始した。

アメリカでは、最近リップル社の取締役に就任したベンジャミン・ロースキー氏も規制過程で関わっていた「ビットライセンス」という規則があるがbitFlyer USAもこれを取得し、同時に仮想通貨交換業務を開始した。その範囲はニューヨーク州だけにとどまらず42もの州で運営の許可を得ているようだ。

日本の認可取引業者の中には既に海外に進出している事業者もいるが、今後も国という枠組みにとらわれることなく世界レベルでの躍進が予想される仮想通貨業界は残り1か月となった2017年をどう締めくくるのか。

関連記事

  1. スマホ決済、競争激化[日本]

  2. 【株価操作疑惑??】SEC、仮想通貨関連会社3社株の株取引一時停止

  3. 暗号通貨規制は必要か、調査に動き出す[ケニア]

  4. イングランド銀行、決済システムにブロックチェーン技術導入か

  5. ウイルス対策ソフトを強制終了させるマルウェア

  6. スイスが規制拡大

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み