ニュース

マウントゴックス民事再生へ移行か

2014年に破たんした仮想通貨取引所である「マウントゴックス」の問題に関して大きな動きがありそうだ。

業務上の横領などの罪に問われているマウントゴックス社の代表であったカルプレス被告であるが、マウントゴックス社が破産した2014年の初頭ではビットコインの価値が5万円程度であったが、今では100万円を大きく超え120万円付近の価値を推移しており高値で言えば130万円に及ぶ。そうなると事件当時の価値で進んでしまうとマウントゴックス社の大株主であるカルプレス被告に数千億もの資産が入ることになり、これを一部の債権者が危惧しているとされる。

もし民事再生へ移行すれば異例中の異例となるが、その妥当性を東京が調査しているところだ。

関連記事

  1. 国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

  2. IBM、インドで開催されるブロックチェーンのイベントをスポンサー

  3. 英GWのGateHub、仮想通貨トレードプラットフォーム提供開始

  4. ブロックチェーンの効果が6年以内に市場に波及見込み

  5. Ripple、2800万ドルの資金調達を実施

  6. デロイト、ウォール街にブロックチェーンラボを開設

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP