ニュース

マウントゴックス民事再生へ移行か

2014年に破たんした仮想通貨取引所である「マウントゴックス」の問題に関して大きな動きがありそうだ。

業務上の横領などの罪に問われているマウントゴックス社の代表であったカルプレス被告であるが、マウントゴックス社が破産した2014年の初頭ではビットコインの価値が5万円程度であったが、今では100万円を大きく超え120万円付近の価値を推移しており高値で言えば130万円に及ぶ。そうなると事件当時の価値で進んでしまうとマウントゴックス社の大株主であるカルプレス被告に数千億もの資産が入ることになり、これを一部の債権者が危惧しているとされる。

もし民事再生へ移行すれば異例中の異例となるが、その妥当性を東京が調査しているところだ。

関連記事

  1. ブロックチェーン技術は日本をどう変えるのか[業界の動き]

  2. 世界初、ICOを告訴へ

  3. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  4. フランス、経済政策でICO許可

  5. 米連邦保安局、今月2500万ドル相当のBTC入札へ

  6. 取引所からコインではなく個人情報流失

PAGE TOP

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]

ニュース

新規口座開設キャンペーン[Liquid・BITPoint]

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ