ニュース

GMOがリップル取り扱い

GMOグループが運営する仮想通貨の取引所で日本の金融庁から認可を受けているGMOコインが新たな取り扱い通貨を追加した。

GMOが追加したのは、「送金に一番適している」とされるリップル社のXRPだ。

ビットコインが!BTCに対して100萬円などと言っているので、数十円のXRPはあまりインパクトがなく過小評価されているようにも見えるが、今年に入ってからの価格の高騰率は高くまた価格に対しての価格の上下動は%に直すと凄まじいものになる。

また一般人の仮想通貨の印象が「危険」「怖い」とされる中、リップル社という運営団体がはっきりしており、またこの関係者の顔ぶれもそうそうたるものだ。今後XRPを取り扱う取引所は増えていくと予想され2018年はおろか残り1か月となった今年もまだXRPの価格に目が離せられない。

関連記事

  1. カカオ、暗号通貨事業への動き

  2. 保有期間に、先進国と発展途上国の違い

  3. ブロックチェーン業界を公式に産業として認可[韓国]

  4. SBIがJCBなどと提携

  5. 約1300%のリターンICO首謀者の資産を凍結

  6. G20後の政府の動き

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ローンでの暗号通貨購入禁止

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

価格急騰中のXLMとは?

ニュース

昨日(7/17)のニュースまとめ

ニュース

NEMのBC技術活用した投げ銭サービス!!

ニュース

世界最大手BlackRockが参入検討か

ニュース

BITBOX、取り扱い通貨一覧 日本へのサービス展開は?

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺