ニュース

GMOがリップル取り扱い

GMOグループが運営する仮想通貨の取引所で日本の金融庁から認可を受けているGMOコインが新たな取り扱い通貨を追加した。

GMOが追加したのは、「送金に一番適している」とされるリップル社のXRPだ。

ビットコインが!BTCに対して100萬円などと言っているので、数十円のXRPはあまりインパクトがなく過小評価されているようにも見えるが、今年に入ってからの価格の高騰率は高くまた価格に対しての価格の上下動は%に直すと凄まじいものになる。

また一般人の仮想通貨の印象が「危険」「怖い」とされる中、リップル社という運営団体がはっきりしており、またこの関係者の顔ぶれもそうそうたるものだ。今後XRPを取り扱う取引所は増えていくと予想され2018年はおろか残り1か月となった今年もまだXRPの価格に目が離せられない。

関連記事

  1. 中央銀行のCBDCに関して割れる世界

  2. 仮想通貨の格付けに変化

  3. 仮想通貨の促進広告に関し「グーグル」すでに対応との回答

  4. 暗号通貨専用の銀行と裁判所設立、検討へ

  5. 多額のビットコイン保有のサイバー犯罪組織の幹部を逮捕

  6. 迷走するビットコイン、しかし価格は100万円の大台へ

PAGE TOP

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点

質問コーナー

RPGcoinとは?[質問コーナー]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

ステーブルコイン、取引所に続々上場

ニュース

xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

ニュース

本日、テックビューロの株主総会 22日には公告予定

ニュース

昨日(10/18)のニュースまとめ

ニュース

日本の税金問題[所得の把握に注力]