ニュース

コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

ブロックチェーン技術や通貨のデジタル化(デジタルマネー)をはじめとして、仮想通貨の普及で多くのモノがペーパーレスが進み「完全デジタル時代」へと突き進んでいる。そんな中で、多くの機関投資家は自分の巨額の資産がデジタル化されている状態が果たして「資産が危険にさらされていないだろうか」ということに不安を抱いているという。

アメリカはカルフォルニア州のサンフランシスコに本社を構えるスタートアップ企業で、2012年には2億ドル以上の資金調達をしたコインベースでは最低でも1000万近くの資産を保有する機関投資家をメインターゲットとして、デジタル資産の管理会社としてのサービスを今後提供していくようだ。

古参のヘッジファンドが最近になって仮想通貨に興味を持ち始めており多くの機関投資家の参入が見込められる仮想通貨業界。その資産を守るサービスは重要だ。

関連記事

  1. オランダ銀行、通貨開発を検討

  2. ブロックチェーン特許取得は投資呼び込みとして活用

  3. アメリカがビットコインに対する州法を統一していくのか

  4. GSブランクファインCEO、仮想通貨がビジネスリスクに

  5. ビットコインユーザー向けの暗号通貨申告アプリgaリリース

  6. 仮想通貨の課税対象まとめ

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

サウスカロライナ州、無登録コイン販売に制裁措置、米ICOへの監視強化

ニュース

オーストラリア、仮想通貨関連の詐欺による2017年の被害総額は210万ドル以上

ニュース

NANJCOINでeスポーツ選手を応援しよう!

ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

ニュース

ポーランド、規制改善のため徴税を中止

ニュース

カナダの規制状況

ニュース

アメリカでの規制状況

ニュース

ドイツ証券取引所、暗号通貨取引アプリ