ニュース

コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

ブロックチェーン技術や通貨のデジタル化(デジタルマネー)をはじめとして、仮想通貨の普及で多くのモノがペーパーレスが進み「完全デジタル時代」へと突き進んでいる。そんな中で、多くの機関投資家は自分の巨額の資産がデジタル化されている状態が果たして「資産が危険にさらされていないだろうか」ということに不安を抱いているという。

アメリカはカルフォルニア州のサンフランシスコに本社を構えるスタートアップ企業で、2012年には2億ドル以上の資金調達をしたコインベースでは最低でも1000万近くの資産を保有する機関投資家をメインターゲットとして、デジタル資産の管理会社としてのサービスを今後提供していくようだ。

古参のヘッジファンドが最近になって仮想通貨に興味を持ち始めており多くの機関投資家の参入が見込められる仮想通貨業界。その資産を守るサービスは重要だ。

関連記事

  1. 中国現在の規制状況

  2. イスラエル最高裁は「仮想通貨関連口座制限」を禁止

  3. 暗号通貨関連の相談、急増

  4. ロシア、デジタル通貨の立ち上げを検討

  5. オマーン銀行、リップルネット加盟

  6. ブロックチェーン技術でEV充電ステーションを管理

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]