ニュース

コインベースは機関投資家向けの新しいストレージサービス

ブロックチェーン技術や通貨のデジタル化(デジタルマネー)をはじめとして、仮想通貨の普及で多くのモノがペーパーレスが進み「完全デジタル時代」へと突き進んでいる。そんな中で、多くの機関投資家は自分の巨額の資産がデジタル化されている状態が果たして「資産が危険にさらされていないだろうか」ということに不安を抱いているという。

アメリカはカルフォルニア州のサンフランシスコに本社を構えるスタートアップ企業で、2012年には2億ドル以上の資金調達をしたコインベースでは最低でも1000万近くの資産を保有する機関投資家をメインターゲットとして、デジタル資産の管理会社としてのサービスを今後提供していくようだ。

古参のヘッジファンドが最近になって仮想通貨に興味を持ち始めており多くの機関投資家の参入が見込められる仮想通貨業界。その資産を守るサービスは重要だ。

関連記事

  1. 北朝鮮のサイバー攻撃が猛威を振るっている?

  2. 金融庁、ビットコインの発展的法規制に前向き姿勢

  3. 中国人民銀行、大手取引所を集め会合

  4. ボリビアでビットコインを利用した投資詐欺、逮捕者60名

  5. QUOINEグループはジブラルタル証券取引所と事業提携

  6. IBM医療データ管理にCDCとパートナーシップ

PAGE TOP