ニュース

DELLグループが特許へ

DELLグループがデータ転送に関してブロックチェーンの使用を検討しているようだ。

またDELLグループはデータ転送の速度を向上させるために様々な取り組みをしており、その中でブロックチェーン技術の導入も検討している。大きな特徴としては「参加者が限られた」環境下でのサービスではなく「パブリックに開かれた」環境下で使われるサービスということだ。この違いはその達成目標の難易度を一気に跳ね上がらせることになる要因だ。

米国特許商標庁の公開したアプリケーションでは転送するデータが含まれるトークンをやり取りするようなハイブリッドブロックチェーンというものが明記されている。パブリックネットワークを通して、ひとつのシステム上ではクラウドストレージへデータをUPし、もう一つのシステムではそれらが改ざんされることなくダウンロードが出来るというものだ。

実用化に向けて明確なスケジュールは公表されていないが、実用化に期待が高まる。

関連記事

  1. EU圏では政府発行のデジタル通貨は不可能か

  2. 仮想通貨時代の支配者はロシアとなるか

  3. MUFG、数年内の実用化に向けリップル実証実験

  4. RippleゲートウェイのMr.Ripple、ADAコイン取扱開始

  5. イタリア政府、ビットコインの投機的売買に課税する方針

  6. ジョン・マカフィー氏、2日間意識不明

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ