ニュース

DELLグループが特許へ

DELLグループがデータ転送に関してブロックチェーンの使用を検討しているようだ。

またDELLグループはデータ転送の速度を向上させるために様々な取り組みをしており、その中でブロックチェーン技術の導入も検討している。大きな特徴としては「参加者が限られた」環境下でのサービスではなく「パブリックに開かれた」環境下で使われるサービスということだ。この違いはその達成目標の難易度を一気に跳ね上がらせることになる要因だ。

米国特許商標庁の公開したアプリケーションでは転送するデータが含まれるトークンをやり取りするようなハイブリッドブロックチェーンというものが明記されている。パブリックネットワークを通して、ひとつのシステム上ではクラウドストレージへデータをUPし、もう一つのシステムではそれらが改ざんされることなくダウンロードが出来るというものだ。

実用化に向けて明確なスケジュールは公表されていないが、実用化に期待が高まる。

関連記事

  1. 政治にブロックチェーンプラットフォーム

  2. 国内初、34社からなるブロックチェーン業界団体「BCCC」が発足

  3. 国内金融機関、ブロックチェーンへの取り組み活発に[新生銀行]

  4. 暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

  5. アメリカの大手ファンド「ビットコインは過去最強のスキャム」

  6. 【速報】世界大手、「クラーケン」がXRP/JPYを取り扱いに追加!

PAGE TOP

ニュース

第11回研究会、新規制案公表[金商法を把握しておこう]

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]