ニュース

富士通が新しいサービスを

仮想通貨業界に早くから目を付けている富士通が、新たなブロックチェーンを使ったサービスを発表した。

これまでもHyperledgerブロックチェーンコンソーシアムのメンバーである富士通は、積極的にブロックチェーンの開発を行っていた。

⇒ 富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

⇒ 富士通がブロックチェーン技術を試行

今回、富士通が発表した「ConnectionChain」プロジェクトは暗号化のネットワークを相互運用する方法を提供するというのが特徴だ。ICOやデリバティブ取引の需要が高まっていることからこのようなサービスの提供に至ったようだ。

来年には製品化を目指しているようで、より透明性をもたらすことがそれまでの課題としている。

関連記事

  1. 韓国、他国を参考に仮想通貨取引所の認可制度を導入か

  2. 分散型慈善基金が新たなチャリティーのカタチへ

  3. 「仮想通貨少女」結成

  4. チリ、データ管理をイーサリアムのブロックチェーン活用

  5. 日本の規制状況

  6. 暗号通貨取引所のICO登録料は証券会社の10倍

PAGE TOP

ニュース

第11回研究会、新規制案公表[金商法を把握しておこう]

ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]