ニュース

マン・グループ仮想通貨参入

1783年に創業された、イギリス・ロンドンに本社を置く世界最古で最大級のヘッジファンドであり、ルーク・エリスCEO率いるマン・グループが仮想通貨に注目している。

マン・グループは、アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所がビットコイン先物取引の提供を進めているという事に関して、順調にそれが進めばマン・グループの投資先の選択肢の中に「ビットコイン先物」が入ってくるものと思われる。

CMEの最高経営責任者らは12月の中旬には「ビットコイン先物取引」の準備ができると明らかにしている。

ついに大手ヘッジファンドの投資対象となるビットコイン、より大きな資金が仮想通貨市場に入ってくるとマーケットはどうなっていくのか注意が必要だ。

関連記事

  1. 台湾が暗号通貨に反資金洗浄法

  2. スイスの大学がビットコインを導入

  3. フランスはICOを推進か

  4. 世界最大の仮想通貨会議NYで開催

  5. IMF「各国中央銀行は暗号通貨に公平な規制を」

  6. イーサリアムでも決済へ

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補