ニュース

マン・グループ仮想通貨参入

1783年に創業された、イギリス・ロンドンに本社を置く世界最古で最大級のヘッジファンドであり、ルーク・エリスCEO率いるマン・グループが仮想通貨に注目している。

マン・グループは、アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所がビットコイン先物取引の提供を進めているという事に関して、順調にそれが進めばマン・グループの投資先の選択肢の中に「ビットコイン先物」が入ってくるものと思われる。

CMEの最高経営責任者らは12月の中旬には「ビットコイン先物取引」の準備ができると明らかにしている。

ついに大手ヘッジファンドの投資対象となるビットコイン、より大きな資金が仮想通貨市場に入ってくるとマーケットはどうなっていくのか注意が必要だ。

関連記事

  1. 暗号通貨決済サービス提供[Coinbase]

  2. スイスの銀行のFalcon Private Bankが数々の仮想通貨を…

  3. シンガポールのブロックチェーンに対する熱意

  4. ロシアの電力会社がマイナーに余った電力を販売?

  5. 詐欺的な投資勧誘に注意[金商法で身を守ろう]

  6. 活発なNEMコミュニティの動き、NEM JAPANが促進

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ