ニュース

ビットコイン取引所MonetaGo、40カ国でサービス開始

ビットコインの新しい取引所、MonetaGoは40カ国でのサービスを開始した。

地球規模での取引所サービスは様々なメリットがユーザーにありそうだ。

CEOのJesse Chenard氏は、「デジタル通貨は本来シームレスに世界中を行き来すべきだ。だが今のところビットコインの9割以上が3つの通貨としか交換されていない」と語った。

MonetaGoはBitreserveと同様に、ユーザーが保有するビットコインの価値を「Fix」できる機能を27の通貨で用意している。Bitreserveと異なるのは、ビットコインに限られるがBitdollersを現実の米ドルに替えられる点だ。

MonetaGoはChenard氏を含む個人的な資金から設立された。2014年10月の設立以後、同社は常にコンプライアンスを重視してきた。昨今のBitLicenseについてもニューヨーク支社が必要書類の作成に尽力しているところだという。

関連記事

  1. インドのICIC銀行250社にブロックチェーンプラットフォーム参加要求…

  2. ブロックチェーン技術を活用した次世代決済プラットフォーム 「SBI R…

  3. 金融庁、ビットコインの発展的法規制に前向き姿勢

  4. 変わる取引所の情勢

  5. GMOマイニング開始

  6. 取引所について知っておきたいこと

PAGE TOP

技術

トランプ政権とも関係を持つRipple

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ

ニュース

暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

ニュース

ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場

ニュース

サイバー対策にAI活用[内部不正防止にも]

ニュース

GMOも日本円を担保にしたステーブルコイン開発へ[中国では]