ニュース

Ripple社に追い風!強力な取締役も!

Ripple Inc.は分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムを開発しており全世界の送金ネットワークを高速かつ安全に行うとして活動をしている。付属するXRPもこの春一気に価格を上げた。それでもまだまだ可能性にたいして割安に見えるXRPだが強力な取締役が入った。

ニューヨーク州金融サービス局の元局長であるベンジャミン・ロースキー氏が21日に取締役に任命された。

彼の活動といえば金融市場の健全化に関わるものが多く乱発するHFに揺れる仮想通貨業界の救世主となってくれそうだ。また仮想通貨業界にもすごく精通している彼はビットライセンスと呼ばれる法規制にも関わっているというから心強い。

またRippleNetに参加しているスタンダードチャータード銀行とアクシス銀行がRipple社のシステムを導入し決済サービスを開始した。これまでもアメリカ・メキシコ間やアメリカ・イギリス間での国際送金などを実現させて来た、これが全世界に広がるのはもう目前かもしれない。そうなれば数多ある仮想通貨も淘汰されるだろう。

関連記事

  1. キャッシュレス決済 メリットだけでなくデメリットにも目を向ける必要

  2. コインチェック、他社と資本提携か?

  3. 取引所CoinBene、IEOで地位確立へ[取引所によるIEO]

  4. 閉鎖された発電所をマイニングで再利用

  5. ビットコインチャート分析@2017.11.10

  6. ECB副総裁がビットコインに再び警告

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]