ニュース

Ripple社に追い風!強力な取締役も!

Ripple Inc.は分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムを開発しており全世界の送金ネットワークを高速かつ安全に行うとして活動をしている。付属するXRPもこの春一気に価格を上げた。それでもまだまだ可能性にたいして割安に見えるXRPだが強力な取締役が入った。

ニューヨーク州金融サービス局の元局長であるベンジャミン・ロースキー氏が21日に取締役に任命された。

彼の活動といえば金融市場の健全化に関わるものが多く乱発するHFに揺れる仮想通貨業界の救世主となってくれそうだ。また仮想通貨業界にもすごく精通している彼はビットライセンスと呼ばれる法規制にも関わっているというから心強い。

またRippleNetに参加しているスタンダードチャータード銀行とアクシス銀行がRipple社のシステムを導入し決済サービスを開始した。これまでもアメリカ・メキシコ間やアメリカ・イギリス間での国際送金などを実現させて来た、これが全世界に広がるのはもう目前かもしれない。そうなれば数多ある仮想通貨も淘汰されるだろう。

関連記事

  1. 起訴されたスパコン会社、マイニングでお金集め?

  2. BTC既に8割採掘済み

  3. コインチェック、ネムの補償開始

  4. タイでも規制強まる姿勢

  5. シンガポール中銀、ブロックチェーン活用した決済に注力

  6. コインチェックから流出したNEM、アメリカの大手取引所へ

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

ポルノ閲覧で詐欺

ニュース

自分の資産、保護のために

ニュース

昨日(7/16)のニュースまとめ

ニュース

Bithumb、日本市場進出予定!

ニュース

国税庁、確定申告促す環境整備

ニュース

議員の差別発言、なかったことに?[発言まとめ]

ニュース

ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

ニュース

カウンターパーティーリスクとは?