ニュース

サンタンデール、「ブロックチェーンは200億ドル規模のコスト削減に繋がる」

スペインに本拠地を置く銀行グループ、Santander(サンタンデール)のベンチャー部門は、「ブロックチェーン技術は2022年までに銀行のインフラコストを150億~200億ドル規模で削減できる」と述べた。

フィンテック2.0の報告の中では、「分散型台帳はスマートコントラクトをサポートしている。つまりコンピュータプロトコルが各種契約における証明の手助けとなるということだ。これは、証券やシンジケートローン、トレードやスワップなど幅広い金融商品の発展を促すであろう」とある。

Santander InnnoVenturesは、「ブロックチェーン技術は銀行グループにとって最も考慮すべき最新の貢献だ」と報じている。

先月には欧州銀行協会も、「分散型台帳はコスト削減、送金スピードアップのポテンシャルがある」と述べている。さらに決済サービス事業者や仮想通貨関連事業者は既存の金融機関と折り合いをつける必要性についても言及している。

関連記事

  1. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

  2. Huobi、今度はブラジル市場に参入

  3. ブロックチェーンで貴金属取引、プロトタイプが完成

  4. アリババ社、ドバイのアリババコインを提訴

  5. 昨日(1/25)のニュースまとめ

  6. 1週間(1/21~1/27)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

デジタル通貨に動く世界[自然災害の多い日本・システム]

ニュース

ソフトバンク向け融資、検討[メガバンク]

ニュース

ブロックチェーン技術特許、中国が他国に大差つけトップ

ニュース

ウクライナ、税制引下げ法案の草案提出[税制見直しの動き]

ニュース

GateHub等でハッキング被害、個人情報流出[対策]

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧