ニュース

サンタンデール、「ブロックチェーンは200億ドル規模のコスト削減に繋がる」

スペインに本拠地を置く銀行グループ、Santander(サンタンデール)のベンチャー部門は、「ブロックチェーン技術は2022年までに銀行のインフラコストを150億~200億ドル規模で削減できる」と述べた。

フィンテック2.0の報告の中では、「分散型台帳はスマートコントラクトをサポートしている。つまりコンピュータプロトコルが各種契約における証明の手助けとなるということだ。これは、証券やシンジケートローン、トレードやスワップなど幅広い金融商品の発展を促すであろう」とある。

Santander InnnoVenturesは、「ブロックチェーン技術は銀行グループにとって最も考慮すべき最新の貢献だ」と報じている。

先月には欧州銀行協会も、「分散型台帳はコスト削減、送金スピードアップのポテンシャルがある」と述べている。さらに決済サービス事業者や仮想通貨関連事業者は既存の金融機関と折り合いをつける必要性についても言及している。

関連記事

  1. ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

  2. フィンランド警察が追うOneCoinプロジェクト

  3. 金融庁、取引所だけでなく金融機関の検査

  4. 台湾のコンビニ1万店舗でビットコイン購入が可能に

  5. マイニング大手企業がブロックチェーン上の犯罪探知機開発

  6. 金融機関の新たな姿

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ