ニュース

イラン中央銀行関係者がビットコインを危惧

イランの中央銀行関係者はビットコインをはじめとする仮想通貨に苦言を呈している。

イランでは国有の中央銀行がビットコインについて積極的に研究をしているが、ビットコインを国の法律に照らし合わせた場合にどのような立て付けとしていくかについては更なる慎重な議論が必要だとしているようだ。今後のイランの金融政策との関わりがどのようなものになってくるか注目だ。

もともと新しい技術には積極的な方ではあるが、やはりイランでも仮想通貨におけるリスクについては「中央集権的」ではないという仕組みについて金融の仕組みとして不確実であるとし、リスクがあると考えているようだ。

イランも国が発行する独自のデジタル通貨の作成を検討していた。

関連記事

  1. イランはビットコインに明るい

  2. WannaCry対策アプリを名乗る偽アプリが登場、マカフィーが注意促す…

  3. CoinCheckは未だ認可降りず

  4. IBM医療データ管理にCDCとパートナーシップ

  5. ロシアが独自通貨発行へ

  6. 日本政府、仮想通貨の法整備を検討

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP