ニュース

イラン中央銀行関係者がビットコインを危惧

イランの中央銀行関係者はビットコインをはじめとする仮想通貨に苦言を呈している。

イランでは国有の中央銀行がビットコインについて積極的に研究をしているが、ビットコインを国の法律に照らし合わせた場合にどのような立て付けとしていくかについては更なる慎重な議論が必要だとしているようだ。今後のイランの金融政策との関わりがどのようなものになってくるか注目だ。

もともと新しい技術には積極的な方ではあるが、やはりイランでも仮想通貨におけるリスクについては「中央集権的」ではないという仕組みについて金融の仕組みとして不確実であるとし、リスクがあると考えているようだ。

イランも国が発行する独自のデジタル通貨の作成を検討していた。

関連記事

  1. bitFlyer手数料UP、ビットコインに原因か

  2. 昨日(8/22)のニュースまとめ

  3. JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

  4. オーストリア取引所でXRP上場

  5. Facebook、独自通貨の販売計画進める

  6. 1週間(10/1~10/8)の注目ニュース

PAGE TOP

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…

ニュース

クレディセゾン、カードレスへ[カードの不正利用]