ニュース

ビットコイン、NY州でついに規制下に

ビットコインは行政管轄下の金融商品になりつつある。少なくともニューヨーク州では監督官庁が適正な規制ルールに関する最終的な結論付けを行っている。

NY州の金融監督官であるBenjamin Lawsky氏はワシントンで行われたカンファレンスにおいて、ビットコイン関連ビジネスを行う事業者向け規制案の最終版について語った。

44ページにわたるルールブックは、暗号通貨が今後ビジネス界においてメインストリームになることを想定し、様々な点に触れている・

Lawsky氏のオフィスは約2年にわたり暗号通貨についてマネーロンダリング防止のためのライセンス導入に向けて動いてきた。

同氏は、「我々はデジタル通貨の大きな可能性を理解している。我々が目指すのはこの革新的な流れをトエmることなく消費者を守るためのガードレールを作ることである。」と述べている。

関連業者はソフトウェアやアプリケーションのアップデートなどに関しては事前の申告をする必要はないようだ。

Lawsky氏は「我々はAppleではない。」と回答している。

また、ファンドレイジングに関しても新しく申入れる必要もなさそうである。

関連記事

  1. ウクライナで暗号通貨規制!

  2. NASDAQ、ブロックチェーンベースのプラットホーム公開へ

  3. 取引所BitStamp、VOGOGOとの提携でサービス拡充へ

  4. スイスでビットコインの先物取引へ

  5. 金融業とビットコイン

  6. みずほFG、ブロックチェーンのコンソーシアムに参加表明

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP