ニュース

取引事業者、自動売買を排除

日本では9月に金融庁から認可を受けた取扱業者が誕生した。認可の有無に限らず多くのユーザーに使ってもらう為に仮想通貨の各取引所はAPIを公開している。これはFXの取引所も公開しているところが多い。

それには大きく2つの意味合いを持っており、

① 各種サービスとの連携

② 取引所が提供しているプラットフォームを介さずに取引を行う

というものだ。

このうち、後者は「自動売買」であることが多い。仮想通貨業界を見ても「アービトラージ」や「高速売買」などのツールを販売しているところは多く、これらのほとんどは取引所のAPIを使っていると思われる。

そんな中、FXの取引所も運営しているGMOグループのGMOコインが自動売買を排除する意向を公式HPで明かした。理由としてはサーバー負担になり他のユーザーへ悪影響が出てしまう為とあるが、実際のところはどうなのか不明だ。

⇒ 詳細はこちら

ネット上でも口座の締め出しを食らっている例が多くみられており、取引所の真摯な対応が求められている。

関連記事

  1. 米グーグル、仮想通貨関連の広告を規制へ

  2. デジタルカレンシーグループが銀行に巨額投資

  3. 米規制当局、仮想通貨監視強化を議会に要請か

  4. マウントゴックス破産財団の売却影響は織り込み済み!?

  5. SBI仮想通貨4種取扱予定

  6. BCCCが電子トークン「ZEN」の社会実験を開始

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補