ニュース

メタップスが韓国で取引所

東京都新宿区西新宿に本社を構えるIT企業であり、東証マザーズに上場している株式会社メタップスが韓国で仮想通貨の取引所を始める。

⇒ メタップス株価

韓国はICOを禁止し、その後証拠金取引にも規制をかけていたが「仮想通貨の現物取引」に関しては問題ないようで、仮想通貨の取引所(交換所)が新たに設立が目立つ。日本の認可をうけた取引所であるビットポイントも韓国での取引所事業の参入を発表したばかりだ。

メタップスは韓国にある子会社であるメタップスプラスでコインルームという仮想通貨取引所を設立させ、ICOも実施した。このICOで発行したトークンはコインルーム上で取引できるようになるようだ。

関連記事

  1. 中国政府オンラインのねずみ講を取締強化

  2. ETHの人気ゲームが資金調達に成功

  3. チリのビットコイン取引所、ビットコインでの寄付受付開始

  4. グーグル、独自のブロックチェーン関連のテクノロジー開発へ

  5. 千葉県警が暗号通貨などに関する研修

  6. BTCによるチャリティプロジェクト、61億円寄付

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]