ニュース

メタップスが韓国で取引所

東京都新宿区西新宿に本社を構えるIT企業であり、東証マザーズに上場している株式会社メタップスが韓国で仮想通貨の取引所を始める。

⇒ メタップス株価

韓国はICOを禁止し、その後証拠金取引にも規制をかけていたが「仮想通貨の現物取引」に関しては問題ないようで、仮想通貨の取引所(交換所)が新たに設立が目立つ。日本の認可をうけた取引所であるビットポイントも韓国での取引所事業の参入を発表したばかりだ。

メタップスは韓国にある子会社であるメタップスプラスでコインルームという仮想通貨取引所を設立させ、ICOも実施した。このICOで発行したトークンはコインルーム上で取引できるようになるようだ。

関連記事

  1. オランダ、韓国に続きオーストラリアでも

  2. 金融庁行政方針発表[技術に配慮しつつ業界の適正化]

  3. 中国人民銀行、仮想通貨を年内に規制へ=副総裁

  4. 2つの米ブロックチェーンETF、上場来2週間で3億ドル近く資金集める

  5. モーニングスターで暗号通貨アプリリリース

  6. 金融庁、暗号通貨を有価証券とすべきか議論

PAGE TOP

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現

ニュース

活発になるEUの動き[法規制整備で健全化]

ニュース

Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

ニュース

昨日(12/9)のニュースまとめ

ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]