ニュース

ICOの成功とは

ICOはこの仮想通貨業界で真っ先に批判され規制される的となっているが成功例もある。もちろん成功とは「調達側」からすれば多くの資金が集まればいいというものだが、ユーザーからすれば当然価値の上昇に伴う資産の増幅こそが成功と言えるだろう。

COMSAやQACHなどが多くの資金を集めて成功と言っているのは甚だおかしな話で、調達してからが「始まりなのだ」。イスラエルのベンチャーが6月に行ったICO「バンコール」もたった数時間のうちに170億円あまりを集めたがその後価値を下げた結果となった事例のひとつだ。

巷では、悪徳じみた商材を口コミで売る集団が多くいるが彼らの主張は「必ず上場する」というものだ。しかし実情としては一定のお金を払えば上場させてくれる取引所もあり、「上場=世間から認められた通貨」とはならないケースばかりだ。調達する側としては調達できてしまえば損はない。ICOの参加ユーザーの成功をしっかりと考えているICO母体などほとんどないと考えても良いのかもしれない。

関連記事

  1. イスラムの銀行がブロックチェーンを研究

  2. ブラジルの中央銀行がブロックチェーン研究

  3. ついにビットコインATMを全米展開する企業が現れる

  4. エンドトゥーエンドのマイクロペイメントが可能だと証明される

  5. 国内取引所coincheck、成行注文のAPIを公開

  6. RippleGatewayのMr.Ripple、高機能トレードツール採…

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP