価格速報・値動き分析

イーサリアム・チャート分析@2017.11.11

こんにちは。ポッキーの日ですね。コインの森の管理人です。

イーサリアムのチャートが綺麗なのでチャート至上主義の私がラインを引き方の解説の元、イーサの日足を見ていきたいと思います。

まずは現在のチャートです。高値を叩いてその後下落、下落が一旦落ち着いて今後どうなるか?というとても良いポイントです。

それではこれにラインを引いていきます。細かく解説していきます。

まずは最高値と直近の高値をラインで結びます。このラインはもともとはレジスタンスラインでしたが、このラインを抜けて今は下から支えるサポートラインとなっています。

次は、このラインと平行になるように安値を結びます。

少しチャートが見やすくなってきましたね。

次は、この2つのラインの幅と同じ幅のラインを、はじめに引いたラインの上に引いていきます。これがチャネルラインと言うものです。

チャネルラインまで引けたら、今後上がった場合に「どこまで行きそうか?」というイメージが出来ます。それが次の画像です。

横に引いたラインが短期決済の目処になります。チャネルラインとぶつかりそうな位置であり、さらに節目として意識されている価格付近を探してこのラインを引くという流れになります。

どうでしょうか。このように順を追っていくとチャート分析も難しくはありません。

それではせっかくなのでフィボナッチも引いていきます。

特に50%のラインは短期の方は必ず意識しましょう。

さて、これでイーサリアムの日足のチャート分析を終わりますが、チャートって何のためにあるかというと「自分の中で投資行動の基準を作るため」にあります。

決して、「当たる・当たらない」という日本人独特の低いリテラシーでチャートを見てはいけません。

関連記事

  1. ビットコインがラインブレイクで上昇転換?

  2. ビットコイン最高値重たし@2017.11.17

  3. ビットコインチャート分析@2018.1.25

  4. XRPチャート分析@2017.11.08

  5. 暗号通貨、軒並み下落

  6. 今日のチャート分析@2017.9.24

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ