ニュース

ゴールドマンサックスの見解

ゴールドマンサックスの仮想通貨に関する新しい見解がCEOから表明されたようだ。

以前はJPモルガンのCEOがビットコインは詐欺だと言い切ったことで市場が揺らいだことがあったが、それに対してゴールドマンサックスはかなり早い段階からブロックチェーンに目を付けR3にも参加しその可能性について模索してきていた。

そんな中、ゴールドマンサックスのCEOはビットコインには多少の不安はあるものの十分に利用価値があると述べた。しかしアメリカではビットコインの先物など過熱しすぎている節もあり、そのあたりについては強く批判もしている。

金融業界というのは「お金の流れ」をより活発にするために「派生」商品が多く存在する。個別株の平均が日経平均であり先物もある。このようにただでさえ誰でも作れるコイン事業が、さらに派生する商品が多く出てきているとあらばそれに対して警告するのは当然だ。それと仮想通貨業界の成長や衰退は全く別のところにありそうだ。

関連記事

  1. 中国企業レノボ 判別装置の特許申請

  2. 暗号通貨とブロックチェーンの今後[FSBと世界銀行]

  3. アメリカネバダ州での人気商品は暗号資産のウォレット

  4. ビットコイン10%下落で安値を試す@2018.1.31

  5. 自称”億り人”は嘘だった!?

  6. Google、マイニング拡張機能を全面禁止

PAGE TOP

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]

ニュース

昨日(10/15)のニュースまとめ

技術

トランプ政権とも関係を築くRipple社[XRPの魅力]

ニュース

ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

ニュース

「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

ニュース

昨日(10/14)のニュースまとめ